国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

鼓膜形成不全は膝蓋大腿骨自己軟骨移植の転帰に影響しない | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arthroscopy.2020 Jul;S0749-8063(20)30605-8. doi: 10.1016/j.arthro.2020.07.012.Epub 2020-07-14.

鼓膜形成不全は膝蓋大腿骨自己軟骨移植の転帰に影響しない

Trochlear Dysplasia Does Not Affect the Outcomes of Patellofemoral Autologous Chondrocyte Implantation.

  • Alexandre Barbieri Mestriner
  • Jakob Ackermann
  • Luiz Felipe Morlin Ambra
  • Carlos Eduardo Franciozi
  • Flávio Faloppa
  • Andreas H Gomoll
PMID: 32679292 DOI: 10.1016/j.arthro.2020.07.012.

抄録

目的:

PFJの大規模な軟骨病変に対するACI後の臨床転帰に対するtrochlear dysplasiaの影響を評価するために、最低2年間の追跡調査を行った。

PURPOSE: To evaluate the influence of trochlear dysplasia on clinical outcomes after ACI for the treatment of large cartilage lesions in the PFJ with a minimum of 2 years follow-up.

方法:

1人の外科医によるPFJの局所軟骨欠損に対するACIによる軟骨修復を受けた全患者のデータをプロスペクティブに収集したレトロスペクティブレビューを行った。患者因子、病変形態、KOOS、Lysholm、Tegner、IKDCスコアを含む術前および術後の患者報告転帰尺度(PROM)を収集した。2人の独立したオブザーバーが術前画像を評価して、耳介異形成の有無とグレードを決定した。患者は、絨毛形成不全の有無に基づいて2つのグループに分類された。鼓膜形成不全のない患者を対照とした。患者は性、年齢、BMI、病変の大きさ、部位で1:1のマッチングを行った。

METHODS: A retrospective review of prospectively collected data of all patients submitted to cartilage repair with ACI for focal cartilage defects in the PFJ by a single surgeon was performed. Patient factors, lesion morphology, and pre- and postoperative patient-reported outcomes measures (PROMs) including KOOS, Lysholm, Tegner and IKDC scores were collected. Two independent observers assessed preoperative imaging to determine the presence and grade of trochlear dysplasia. Patients were stratified into two groups based on the presence or absence of trochlear dysplasia. Patients without trochlear dysplasia served as controls. Patients were matched 1:1 for sex, age, BMI, lesion size, and location.

結果:

本研究では、平均追跡期間3.7±1.9年(範囲2~9年)のPFJでACIを受けた患者46人が登録された(トローチリア形成不全群23人対正常トローチリア群23人)。患者の平均年齢は30.1±8.8歳であった。最終フォローアップ時のPROMは両群間で差がなかった(p>0.05)。失敗率に関しては両群間で差は認められなかった(n=1 [4.3%] vs n=1 [4.3%]、p > 0.999)。さらに、高悪性度の異形成を有する患者(19例、Dejour型B、C、D)と異形成を有しない患者(19例)の間には、臨床転帰に差は認められなかった(p>0.05)。

RESULTS: Forty-six patients that underwent ACI in the PFJ with a mean follow-up of 3.7 ± 1.9 years (range, 2 to 9 years) were enrolled in this study (23 in trochlear dysplasia group vs. 23 in normal trochlea group). Patients' mean age was 30.1 ± 8.8 years. PROMs at final follow-up did not differ between both groups (p > 0.05). No difference was seen regarding failure rates between both groups (n=1 [4.3%] vs. n=1 [4.3%], p > 0.999). Additionally, no difference in clinical outcome was seen between patients with high-grade dysplasia (19 patients, Dejour types B, C and D) and patients without dysplasia (19 patients) (p > 0.05).

結論:

PFJにおけるACIは、小耳形成不全を有する患者であっても、正常な小耳解剖学的構造を有する患者と同等の良好な転帰が得られる。このように、外耳形成不全はPFJにおけるACIの臨床転帰には影響しないようである。

CONCLUSION: ACI in the PFJ provides favorable outcomes even in patients with trochlear dysplasia, which are comparable to those of patients with normal trochlear anatomy. Thus, trochlear dysplasia seems to not influence clinical outcome of ACI in the PFJ.

証拠のレベル:

レベルIII、レトロスペクティブ比較試験。

LEVEL OF EVIDENCE: Level III, Retrospective comparative trial.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.