国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

加齢黄斑変性症におけるスペクトル領域光コヒーレンス・トモグラフィーを用いた地理的萎縮の定量化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ophthalmol Retina.2020 Jul;S2468-6530(20)30284-0. doi: 10.1016/j.oret.2020.07.006.Epub 2020-07-14.

加齢黄斑変性症におけるスペクトル領域光コヒーレンス・トモグラフィーを用いた地理的萎縮の定量化

Quantification of Geographic Atrophy using Spectral Domain Optical Coherence Tomography in Age-Related Macular Degeneration.

  • Spencer C Cleland
  • Sri Meghana Konda
  • Ronald P Danis
  • Yijun Huang
  • Dawn J Myers
  • Barbara A Blodi
  • Amitha Domalpally
PMID: 32679202 DOI: 10.1016/j.oret.2020.07.006.

抄録

目的:

SD OCTを用いて測定した地理的萎縮(GA)面積と拡大率を眼底自家蛍光(AFF)、カラー眼底写真(CFP)、赤外反射率(IR)画像と比較すること。デザイン;レトロスペクティブ、多施設、自然史的な症例シリーズ。

PURPOSE: To compare geographic atrophy (GA) area and enlargement rate measured with SD OCT to fundus autofluorescence (FAF), color fundus photography (CFP), and infrared reflectance (IR) imaging. Design; Retrospective, multicenter, natural history case series.

参加者:

48人の参加者からGAを持つ70眼が含まれていました。

PARTICIPANTS: 70 eyes with GA from 48 participants were included.

方法:

参加者は、ベースライン時と12ヶ月間にSD OCT、AFF、CFP、IRイメージングを試験眼で受けた。SD OCT画像は、2つの異なる基準を使用してGA領域のために等級付けされました。1)完全な網膜色素上皮と外側網膜萎縮(cRORA)と2)ブルッフ膜を介した高透過。面積は、共登録されたIR images.Circularity IndexとSD OCT断面スキャン上の網膜層の損失の領域をマッピングすることができますカスタム開発されたツールを使用してSD OCTで測定した面積と周囲から計算された。SD OCT画像はまた、網状偽ドルーゼン、外側網膜尿細管、および低反射くさび形のバンドの存在を評価した。GAの面積は、FFF、CFP、およびIR画像からmm単位で測定した。

METHODS: Participants underwent SD OCT, FAF, CFP, and IR imaging at baseline and 12 months in the study eye. SD OCT images were graded for GA area using two distinct criteria: 1) complete retinal pigment epithelium and outer retinal atrophy (cRORA) and 2) hypertransmission through Bruch's membrane. Areas were measured with SD OCT using a custom developed tool that allows for mapping areas of retinal layer loss on SD OCT cross-sectional scans with co-registered IR images.Circularity Index was calculated from area and perimeter. SD OCT images were also assessed for presence of reticular pseudodrusen, outer-retinal tubules, and hyporeflective wedge-shaped bands. Area of GA was measured in mm from FAF, CFP, and IR images.

主要評価項目:

GAの平均ベースライン面積と拡大率は、2つのSD OCT基準、FAF、CFP、IRで測定した。

MAIN OUTCOME MEASURES: GA mean baseline area and enlargement rate measured with two SD OCT criteria, FAF, CFP, and IR.

結果:

ベースラインでは、平均GA面積は6.9(SD 4.7)mmのSD OCT cRORA基準と7.3(SD 4.7)mmのSD OCT超透過基準を使用していました。GAの平均年間拡大率は、SD OCTのcRORA基準を使用して1.6(SD 1.1)ミリメートルとSD OCTの超透過基準を使用して1.5(SD 1.0)ミリメートルであった。SD OCTの両採点基準と、FAF、CFP、IRを比較すると、ベースライン面積やGAの年間拡大率に統計的に有意な差は認められなかった。円形度指数は年間肥大率増加の危険因子として同定された。

RESULTS: At baseline, the mean GA area was 6.9 (SD 4.7) mm using the SD OCT cRORA criteria and 7.3 (SD 4.7) mm using the SD OCT hypertransmission criteria. The mean annual enlargement rate of GA was 1.6 (SD 1.1) mm using the SD OCT cRORA criteria and 1.5 (SD 1.0) mm using the SD OCT hypertransmission criteria. When comparing both SD OCT grading criteria to FAF, CFP, and IR, there were no statistically significant differences in baseline area or annual enlargement rate of GA. Circularity index was identified as the risk factor for increased annual enlargement rate.

結論:

網膜層の形態を使用してGAを測定することは、面積の測定値を得るための新しい手段を提供します。面積測定は、使用される基準に基づいて変化する傾向があり、他のイメージングモダリティに匹敵する。

CONCLUSIONS: Measuring GA using retinal layer morphology provides a novel means of obtaining area measurements. Area measurements tend to vary based on criteria used and are comparable to other imaging modalities.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.