国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ゴリムマブを投与された日本人関節リウマチ患者における生物学的療法の既往回数別の臨床効果。市販後調査データの解析から得られた実際のエビデンス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mod Rheumatol.2020 Jul;:1-20. doi: 10.1080/14397595.2020.1797283.Epub 2020-07-17.

ゴリムマブを投与された日本人関節リウマチ患者における生物学的療法の既往回数別の臨床効果。市販後調査データの解析から得られた実際のエビデンス

Clinical response among golimumab-treated Japanese patients with rheumatoid arthritis by number of previous biologic therapies: Real-world evidence from analysis of post-marketing surveillance data.

  • Hirohito Shimizu
  • Hisanori Kobayashi
  • Masayoshi Kanbori
  • Yutaka Ishii
PMID: 32678990 DOI: 10.1080/14397595.2020.1797283.

抄録

1種類以上の生物学的療法を受けたことのある日本人関節リウマチ患者を対象に、ゴリムマブの実際の有効性を評価すること。市販後調査の分析を行った。非TNF阻害薬を含む1種類以上の生物学的製剤の既往歴のある患者1216例を対象に、ゴリムマブに対する臨床効果を、生物学的製剤の既往歴の数で層別化して解析した。ロジスティック回帰分析により、ゴリムマブに対するDAS28-CRPの反応性と関連する因子を同定した。治療持続性は同等であったが、ゴリムマブに対する反応性は、生物学的前治療の回数が増加するにつれて低下した。ゴリムマブ投与量で層別化した場合、100mgのGLMを投与された患者さんでは、bDMARDsの使用回数が多いほどベースラインでの疾患活動性が高かったが、24週時点ではbDMARDsの使用回数にかかわらず、同程度の疾患活動性を示した。一変量解析、多変量解析ともに、経口コルチコステロイド療法の併用がDAS28-CRP奏効の可能性と負の関連因子であることが明らかになった。ゴリムマブへの切り替えは、生物学的製剤の使用歴にかかわらず有効であったが、生物学的製剤の使用歴が多いほど奏効率は低下した。また、3種類以上のbDMARDsを投与されたことのある患者では、ゴリムマブ100mgの投与も有効であった。

To assess the real-world effectiveness of golimumab in Japanese patients with rheumatoid arthritis who had previously received one or more biologic therapies. A analysis of post-marketing surveillance was performed. The clinical response to golimumab was analyzed in 1216 patients who had previously received one or more biologic agents including non-TNF inhibitors with stratification by the number of previous biologic agents. Logistic regression analyses were conducted to identify factors associated with DAS28-CRP response to golimumab. While treatment persistence is comparable, the response to golimumab declined with an increasing number of previous biologic therapies. When stratified by golimumab dose, patients receiving GLM at 100 mg had higher disease activity at baseline with an increasing number of previous bDMARDs, but they still achieved comparable disease activity at 24 weeks regardless of how many bDMARDs had been previously used. Univariate and multivariate analyses both identified concomitant oral corticosteroid therapy as a factor negatively associated with the likelihood of achieving a DAS28-CRP response. Switching to golimumab was effective regardless of how many biologic agents had been previously used, but the response declined with an increasing number of prior biologic agents. A golimumab dose of 100 mg was also effective for those who previously received three or more bDMARDs.