国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

全身性エリテマトーデス患者における3学期半ばの羊水中のプロテオミクスバイオマーカーと妊娠の有害な転帰との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(7):e0235838. PONE-D-20-04136. doi: 10.1371/journal.pone.0235838.Epub 2020-07-17.

全身性エリテマトーデス患者における3学期半ばの羊水中のプロテオミクスバイオマーカーと妊娠の有害な転帰との関連

Proteomic biomarkers in mid-trimester amniotic fluid associated with adverse pregnancy outcomes in patients with systemic lupus erythematosus.

  • Hae Sun Jeon
  • Seung Mi Lee
  • Young Mi Jung
  • Sohee Oh
  • Jin Kyun Park
  • Eun Bong Lee
  • Chan-Wook Park
  • Joong Shin Park
  • Dohyun Han
  • Jong Kwan Jun
PMID: 32678854 DOI: 10.1371/journal.pone.0235838.

抄録

全身性エリテマトーデス(SLE)の妊婦における妊娠中期羊水のプロテオミクスプロファイルを妊娠有害転帰(APO)の発生状況に応じて検討することを目的とした。研究対象は、妊娠15~24週に臨床的に指示された羊水穿刺を受けたSLEの妊婦35人であった。患者は妊娠転帰により2つのグループに分けられた。APOなしのSLE患者(グループ1)とAPOありのSLE患者(グループ2)である。保存された羊水サンプルを質量分析(MS)ベースのプロテオミクスを用いて、発見期と検証期の2段階のアプローチで解析しました。発見段階では、グループ1とグループ2の間で44個のタンパク質が異なる発現を示し、検証段階では、DIA法を用いて独立したサンプルで異なる発現を示したタンパク質(DEP)を検証した。フィラミンA(FLNA)、スシ、フォンウィルブランド因子A型、EGF・ペントラキシンドメイン含有1(SVEP1)、レシチン-コレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)、トランスグルタミナーゼ2(TGM2)の4種類のタンパク質が、発見段階と検証段階の両方で異なる発現を示した。2つのグループを識別するために最適なタンパク質の組み合わせを選択するために、100回の繰り返しによる3重クロスバリデーション(CV)を実施した。その結果、3つのバイオマーカー(SVEP1, LCAT, TGM2)を用いたマルチマーカーモデルは、2つのグループを識別する高い識別力を有していた(受信機動作特性下面積、AUROC = 0.946, p <0.001)。以上の結果から,APOを有するSLE患者(グループ2)では,妊娠中期の羊水中のFLNA,SVEP1,LCAT,TGM2の発現が増加していることが示唆された.この知見を検証するためには、大規模な前向き研究が必要である。

We aimed to explore the proteomic profiles of mid-trimester amniotic fluid in pregnant women with systemic lupus erythematosus (SLE) according to the occurrence of adverse pregnancy outcome (APO). The study population included 35 pregnant women with SLE who underwent clinically indicated amniocentesis at 15-24 weeks of gestation. Patients were divided into two groups according to pregnancy outcomes: SLE patients without APO (Group 1) and SLE patients with APO (Group 2). Stored samples of amniotic fluid were analyzed using mass spectrometry (MS)-based proteomics with two-step approach, consisting of discovery and verification phase. In the discovery phase, 44 proteins were differentially expressed between Group 1 and Group 2. In the verification phase, differentially expressed proteins (DEPs) were verified in independent samples using DIA method. Four proteins including filamin A (FLNA), sushi, von Willebrand factor type A, EGF and pentraxin domain containing 1 (SVEP1), lecithin-cholesterol acyltransferase (LCAT), and transglutaminase 2 (TGM2) were differentially expressed both in discovery and verification phase. To select the best combination of proteins for discriminating two groups, three-fold cross validation (CV) with repetition of one hundred times was performed. The multi-marker model with three biomarkers (SVEP1, LCAT, TGM2) had a high discriminatory power to distinguish between the two groups (the area under the receiver operating characteristic, AUROC = 0.946, p <0.001). Our results indicate that the expression of FLNA, SVEP1, LCAT, and TGM2 in mid-trimester amniotic fluid was increased in SLE patients with APO (Group 2). A large-scale prospective study is warranted to verify this finding.