国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ヒトヘルペスウイルス6B四量体糖タンパク質複合体と細胞受容体であるヒトCD134との相互作用の構造的基盤 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS Pathog..2020 Jul;16(7):e1008648. PPATHOGENS-D-20-00217. doi: 10.1371/journal.ppat.1008648.Epub 2020-07-17.

ヒトヘルペスウイルス6B四量体糖タンパク質複合体と細胞受容体であるヒトCD134との相互作用の構造的基盤

Structural basis for the interaction of human herpesvirus 6B tetrameric glycoprotein complex with the cellular receptor, human CD134.

  • Mitsuhiro Nishimura
  • Bernadette Dian Novita
  • Takayuki Kato
  • Lidya Handayani Tjan
  • Bochao Wang
  • Aika Wakata
  • Anna Lystia Poetranto
  • Akiko Kawabata
  • Huamin Tang
  • Taiki Aoshi
  • Yasuko Mori
PMID: 32678833 DOI: 10.1371/journal.ppat.1008648.

抄録

ヒトヘルペスウイルス6B(HHV-6B)のウイルスエンベロープ上には、ユニークな糖タンパク質が発現している:複合体gH/gL/gQ1/gQ2(以下、HHV-6B四量体と呼ぶ)。この四量体は、活性化T細胞上に発現する宿主受容体:ヒトCD134(hCD134)を認識する。この相互作用は、HHV-6Bが感受性細胞に侵入するために不可欠であり、HHV-6B細胞のトロピズムを決定するものである。このユニークな相互作用の基礎となる構造的メカニズムは不明であった。本研究では、中和抗体を用いた分子・構造解析により、HHV-6B四量体と受容体との相互作用を解明した。表面プラズモン共鳴分析では、中和抗体(抗gQ1: 17 nM, 抗gH: 2.7 nM)と同等の高い親和性(KD = 18 nM)を示したが、四量体とhCD134との間には速い解離・会合が見られた。競合アッセイでは、抗gQ1抗体はHHV-6Bの四量体結合においてhCD134と競合したが、抗gH抗体は競合せず、gQ1とhCD134の直接的な相互作用を示した。負染色電子顕微鏡による単粒子解析の結果、四量体は細長い形状をしており、gH/gLの部分とgQ1/gQ2に対応する余分な密度を持っていることが明らかになった。抗gQ1抗体は余分な密度の先端に、抗gH抗体はgH/gL部分に結合した。これらの結果は、HHV-6B四量体のgQ1/gQ2とhCD134との相互作用を強調するものであり、マクロな視点から見たベータヘルペスウイルスサブファミリーのリガンドに共通する特徴を示している。

A unique glycoprotein is expressed on the virus envelope of human herpesvirus 6B (HHV-6B): the complex gH/gL/gQ1/gQ2 (hereafter referred to as the HHV-6B tetramer). This tetramer recognizes a host receptor expressed on activated T cells: human CD134 (hCD134). This interaction is essential for HHV-6B entry into the susceptible cells and is a determinant for HHV-6B cell tropism. The structural mechanisms underlying this unique interaction were unknown. Herein we solved the interactions between the HHV-6B tetramer and the receptor by using their neutralizing antibodies in molecular and structural analyses. A surface plasmon resonance analysis revealed fast dissociation/association between the tetramer and hCD134, although the affinity was high (KD  = 18 nM) and comparable to those for the neutralizing antibodies (anti-gQ1: 17 nM, anti-gH: 2.7 nM). A competition assay demonstrated that the anti-gQ1 antibody competed with hCD134 in the HHV-6B tetramer binding whereas the anti-gH antibody did not, indicating the direct interaction of gQ1 and hCD134. A single-particle analysis by negative-staining electron microscopy revealed the tetramer's elongated shape with a gH/gL part and extra density corresponding to gQ1/gQ2. The anti-gQ1 antibody bound to the tip of the extra density, and anti-gH antibody bound to the putative gH/gL part. These results highlight the interaction of gQ1/gQ2 in the HHV-6B tetramer with hCD134, and they demonstrate common features among viral ligands of the betaherpesvirus subfamily from a macroscopic viewpoint.