国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

急性期医療におけるワークフローの混乱とプロバイダーの状況認識。救急科の医師と看護師を対象とした観察研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Appl Ergon.2020 Oct;88:103155. S0003-6870(20)30110-1. doi: 10.1016/j.apergo.2020.103155.Epub 2020-06-10.

急性期医療におけるワークフローの混乱とプロバイダーの状況認識。救急科の医師と看護師を対象とした観察研究

Workflow disruptions and provider situation awareness in acute care: An observational study with emergency department physicians and nurses.

  • Matthias Weigl
  • Ken Catchpole
  • Markus Wehler
  • Anna Schneider
PMID: 32678775 DOI: 10.1016/j.apergo.2020.103155.

抄録

背景:

急性期病院(ED)では、ペースが速く、変化の激しい環境であるため、医療従事者には高いレベルの状況認識(SA)が求められている。しかし、急性期の臨床ケアには、SAを低下させる可能性のある多くの中断を伴う作業プロセスも含まれている。そのため、頻繁な中断がED提供者の認知全般および特にSAにどのような影響を与えるかを理解することが重要である。

BACKGROUND: The fast-paced and rapidly changing environment of an Emergency Department (ED) requires providers to have a high level of situation awareness (SA). However, acute clinical care also encompasses a multitude of interruption-laden work processes that might degrade SA. It is therefore important to understand how frequent interruptions affect ED provider cognition in general and SA in particular.

目的:

我々は、プロバイダーのワークフローの中断の発生源や内容が、EDの医師や看護師の状況認識にどのような影響を与えるかを検討することを目的とした。

OBJECTIVE: We aimed to examine how sources and contents of provider workflow interruptions influence situation awareness of ED physicians and nurses.

方法:

本研究では、標準化された観察、ED提供者の自己申告、スタッフ数や患者数などのED管理データを組み合わせた多方法による前向き研究を行った。専門家観察者は、90分間の観察セッション中にED提供者のワークフローの中断を特定した。その後、各プロバイダーは、知覚された中断性と状況認識を報告しました。患者負荷、患者の急性期、スタッフの配置を制御し、中断とプロバイダーの転帰との間の将来的な関連性を探るために回帰分析を行った。

METHODS: This prospective, multi-method study combined standardized observations, self-reports of ED providers, and ED administrative data of staffing and patient load. Expert observers identified ED providers' workflow interruptions during 90min observation sessions. Afterwards, each provider reported perceived disruptiveness and situation awareness. Controlling for patient load, patient acuity and staffing, we conducted regression analyses to explore prospective associations between interruptions and provider outcomes.

結果:

全体110h、40分の74回の観察で、1205件のワークフロー中断を観察した(平均率:10.9件/時間)。プロバイダーの状況認識はかなり高く(M=7.10;尺度0~10)、EDの医師と看護師の間に差はありませんでした。EDの業務量データをコントロールした後、中断率の高さは状況認識の低さと関連していることが観察された(β=0.27)。さらなる分析の結果、特に電話/携帯電話による中断、技術的な故障、完了した症例に関連したコミュニケーションの中断は、状況認識レベルの低さと相関していることが明らかになりました。

RESULTS: During 74 observation sessions of overall 110h and 40min, we observed 1205 workflow interruptions (mean rate: 10.9 interruptions/hour). Provider situation awareness was fairly high (M = 7.10; scale 0-10) with no difference between ED physicians and nurses. After controlling for ED workload data, we observed that high rates of interruptions were associated with lower levels of situation awareness (β = -0.27). Further analyses revealed that particularly interruptions by telephone/beeper, technical malfunctions as well as interruptive communication related to completed cases were correlated to low SA.

DISCUSSION:

本研究では、自然主義的なEDの環境下で、EDの医師や看護師は継続的に中断や中断に対処していることが示された。本研究で得られた知見は、中断性の高いワークフロー環境が医療従事者の状況認識を阻害していることを明らかにした。さらに、急性期医療における提供者の状況認識に影響を与える中断の具体的な原因と内容についても明らかにした。

DISCUSSION: This study in a naturalistic ED setting shows that ED physicians and nurses continuously cope with disruptions and interruptions. Our findings reveal that highly interruptive workflow environments impede providers' situation awareness. Moreover, it sheds light on specific sources and contents of interruptions that influence providers' SA in acute care.

結論:

頻繁に発生するワークフローの中断は、ED患者の状況認識を低下させる可能性がある。特に社会的・技術的な中断に焦点を当てて、回避可能な中断や避けられない中断が医療従事者の認識にどのように影響を与えるのかをより深く理解する必要がある。安全で効率的な患者ケアを促進するためには、このような状況下での業務再設計の効果的な適用にさらに重点を置くべきである。

CONCLUSION: Frequent workflow interruptions can degrade ED providers' situation awareness. A deeper understanding of how avoidable and unavoidable interruptions affect provider cognitions with particular focus on social and technology-related disruptions is required. Further emphasis should be placed on the effective application of work re-design in this context to foster safe and efficient patient care.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.