国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

慢性腎臓病患者における家庭血圧および外来血圧の変動と左室質量指数との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Hypertens. Res..2020 Jul;10.1038/s41440-020-0512-3. doi: 10.1038/s41440-020-0512-3.Epub 2020-07-16.

慢性腎臓病患者における家庭血圧および外来血圧の変動と左室質量指数との関連

Association of home and ambulatory blood pressure variability with left ventricular mass index in chronic kidney disease patients.

  • Konstantinos Manousopoulos
  • Eleni Koroboki
  • Gerassimos Barlas
  • Aikaterini Lykka
  • Nefeli Tsoutsoura
  • Konstantina Flessa
  • Ioannis Kanakakis
  • Ioannis Paraskevaidis
  • Nikolaos Zakopoulos
  • Efstathios Manios
PMID: 32678320 DOI: 10.1038/s41440-020-0512-3.

抄録

血圧(BP)変動の増加は標的臓器障害の発生と関連している。しかし,血圧変動(BPV)の最適な種類や指標は不明である.本研究の目的は、慢性腎臓病(CKD)患者における外来および在宅血圧変動と左室質量指数(LVMI)との関連を比較することであった。慢性腎臓病(CKD)患者137名の高血圧患者を対象に、合計1560名の連続した被験者から、在宅および外来でのBPモニタリングと心エコー測定を行った。在宅 BP モニタリングの変動性は,標準偏差(SD),変動係数(CV),朝-夕の BP 値を用いて定量化した.外来BPVは、SD、CV、およびBP変動の時間率(TR)を用いて定量化した。一変量解析では、日ごとの収縮期SDと収縮期BP(SBP)変動の24時間TRがLVMIと有意に関連していることが示された。多変量線形回帰分析では、LVMIと収縮期血圧(SBP)変動の24時間TRとの間に有意かつ独立した関連が認められた(B=9.204、95%CI:1.735-16.672、p=0.016)。SBP変動の24時間TRが0.1mmHg/min増加すると、BPおよびその他の血管リスク因子を調整した後でも、LVMIが9.204g/m増加することと関連していた。結論として、CKD患者では外来でのBPVはLVMIと関連していたが、在宅でのBPVは関連していなかった。SBP変動の24時間TRは、平均血圧値とは無関係にLVMIと関連する唯一のBPV指標であった。

Increased blood pressure (BP) variability is associated with the development of target organ damage. However, the optimal type and index of BP variability (BPV) regarding their prognostic significance is unclear. The aim of our study was to compare the association of ambulatory and home BPV with the left ventricular mass index (LVMI) in patients with chronic kidney disease (CKD). From a total of 1560 consecutive subjects, 137 hypertensive patients with CKD underwent home and ambulatory BP monitoring and echocardiographic measurements. The variability of home BP monitoring was quantified by using the standard deviation (SD), coefficient of variation (CV), and morning minus evening BP values. Ambulatory BPV was quantified using the SD, CV, and the time rate (TR) of BP variation. The univariate analysis demonstrated that day-to-day systolic SD and the 24-h TR of systolic BP (SBP) variation were significantly associated with the LVMI. The multivariate linear regression analysis showed a significant and independent association of the LVMI with the 24-h TR of SBP variation (B = 9.204, 95% CI: 1.735-16.672; p = 0.016). A 0.1-mmHg/min increase in the 24-h TR of SBP variation was associated with an increment of 9.204 g/m in the LVMI, even after adjustment for BP and other vascular risk factors. In conclusion, ambulatory BPV but not home BPV was associated with the LVMI in CKD patients. The 24-h TR of SBP variation was the only BPV index associated with the LVMI, independent of average BP values.