国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

唾液性サイトカインと免疫グロブリンに対するプロバイオティクスの効果:臨床試験のシステマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sci Rep.2020 Jul;10(1):11800. 10.1038/s41598-020-67037-y. doi: 10.1038/s41598-020-67037-y.Epub 2020-07-16.

唾液性サイトカインと免疫グロブリンに対するプロバイオティクスの効果:臨床試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

Effects of probiotics on salivary cytokines and immunoglobulines: a systematic review and meta-analysis on clinical trials.

  • Soraiya Ebrahimpour-Koujan
  • Alireza Milajerdi
  • Bagher Larijani
  • Ahmad Esmaillzadeh
PMID: 32678117 DOI: 10.1038/s41598-020-67037-y.

抄録

唾液性サイトカインと免疫グロブリンに対するプロバイオティクスの効果に関する知見は相反するものであった。我々は,成人の唾液性サイトカインおよび免疫グロブリンに対するプロバイオティクスの経口摂取および局所投与の効果を検討した臨床試験について,システマティックレビューおよびメタアナリシスを行うことを目的とした。プロバイオティクスの摂取量と唾液性サイトカインおよび免疫グロブリンを評価する関連するすべての出版された論文について、2020年4月までのPubMed, MEDLINE, SCOPUS, EMBASE, Google Scholarを検索した。成人の炎症性バイオマーカーに対する経口プロバイオティクスサプリメントまたはロゼンジ錠の効果を調査したすべての無作為化臨床試験を対象とした。効果の大きさを平均±SDまたは平均±SEMとして報告した研究を対象とした。関連性のない論文を除外した後、8件の研究が本レビューに含まれました。4つの効果量を持つ3つの研究から得られた知見を組み合わせて、プロバイオティクスの経口投与後の唾液中IgA濃度の有意な低下は認められなかった[加重平均差(WMD): -0.26; 95% CI: (-0.86, 0.35)]。局所プロバイオティクス補給後に到達した唾液中IL-1β濃度の有意な増加(WMD:28.21;95%CI:18.42、38.01);しかし、局所プロバイオティクス補給後の唾液中IL-6濃度の有意な変化は認められなかった(WMD:0.36;95%CI:-0.85、1.56)。局所プロバイオティクス補充後の唾液中IL-8濃度の有意な増加を観察した(WMD:31.82;95%CI:27.56、36.08)。プロバイオティクス局所投与後の唾液中IL-10濃度の場合、有意な減少は見られなかった(WMD:-0.02; 95% CI:-0.10, 0.06).我々は、プロバイオティクスの経口および局所投与が唾液中サイトカインの一部に影響を与える可能性があることを発見した。しかし、追加の臨床試験は、さらにプロおよび抗炎症性サイトカインと免疫グロブリンにこれらの効果を調べるために必要である。

Findings on the effects of probiotics on salivary cytokines and immunoglobulines have been conflicting. We aimed to perform a systematic review and meta-analysis on clinical trials that examined the effects of oral intake and local administration of probiotics on salivary cytokines and immunoglobulines in adults. We searched PubMed, MEDLINE, SCOPUS, EMBASE, and Google Scholar up to April 2020 for all relevant published papers assessing probiotic intakes and salivary cytokines and immunoglobulines. We included all randomized clinical trials that investigated the effect of oral probiotic supplementation or lozenges tablets on inflammatory biomarkers in adults. Studies that reported their effect sizes as mean ± SD or mean ± SEM were included. After excluding non-relevant papers, 8 studies remained in this review. Combining findings from 3 studies with 4 effect sizes, we found no significant reduction in salivary IgA concentrations after oral probiotic supplementation [weighted mean difference (WMD): -0.26; 95% CI: (-0.86, 0.35)]. A significant increase in salivary IL-1β concentrations reached after local probiotic supplementation (WMD: 28.21; 95% CI: 18.42, 38.01); however, no significant changes in salivary IL-6 concentrations after local probiotic supplementation was found (WMD: 0.36; 95% CI: -0.85, 1.56). We observed a significant increase in salivary IL-8 concentrations after local probiotic supplementation (WMD: 31.82; 95% CI: 27.56, 36.08). In case of salivary IL-10 concentrations after local probiotic administration, no significant reduction was seen (WMD: -0.02; 95% CI: -0.10, 0.06). we found that oral and local administrations of probiotics might influence some of salivary cytokines. However, additional clinical trials are required to examine these effects on further pro- and anti-inflammatory cytokines and immunoglobulines.