国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

アルツハイマー病の病態を支える分子・細胞機構の解明 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol Neurodegener.2020 Jul;15(1):40. 10.1186/s13024-020-00391-7. doi: 10.1186/s13024-020-00391-7.Epub 2020-07-16.

アルツハイマー病の病態を支える分子・細胞機構の解明

Molecular and cellular mechanisms underlying the pathogenesis of Alzheimer's disease.

  • Tiantian Guo
  • Denghong Zhang
  • Yuzhe Zeng
  • Timothy Y Huang
  • Huaxi Xu
  • Yingjun Zhao
PMID: 32677986 DOI: 10.1186/s13024-020-00391-7.

抄録

アルツハイマー病(AD)は、年齢依存性認知症の中で最も一般的な神経変性疾患である。現在のところ、アルツハイマー病の有効な治療法はありませんが、その原因の一部は、明確な基礎となるメカニズムの欠如にあると考えられます。ここ数十年の研究では、アミロイドβ(Aβ)とタウの中心的な役割、およびグリアがAD発症における様々な分子・細胞経路に寄与していることを示す証拠が増えてきている。ここでは、Aβおよびタウ関連メカニズムに関する最近の進展をレビューし、Aβ誘導毒性を媒介する神経細胞およびグリア受容体に重点を置いて、ADにおけるグリア機能不全について論じる。また、遺伝学、加齢、環境、生活習慣など、ADの発症に影響を与える他の重要な因子についても議論し、アポリポタンパクE(APOE)、ウイルスや細菌感染、睡眠、マイクロバイオータなどの潜在的な役割についても述べています。我々は、この壊滅的な神経変性疾患の根底にある様々な側面の理解に向けて多くのことを得てきたが、今後のAD研究においては、分子機構、診断法、治療法の研究に向けた取り組みが必要となるだろう。

Alzheimer's disease (AD) is the most common neurodegenerative disorder seen in age-dependent dementia. There is currently no effective treatment for AD, which may be attributed in part to lack of a clear underlying mechanism. Studies within the last few decades provide growing evidence for a central role of amyloid β (Aβ) and tau, as well as glial contributions to various molecular and cellular pathways in AD pathogenesis. Herein, we review recent progress with respect to Aβ- and tau-associated mechanisms, and discuss glial dysfunction in AD with emphasis on neuronal and glial receptors that mediate Aβ-induced toxicity. We also discuss other critical factors that may affect AD pathogenesis, including genetics, aging, variables related to environment, lifestyle habits, and describe the potential role of apolipoprotein E (APOE), viral and bacterial infection, sleep, and microbiota. Although we have gained much towards understanding various aspects underlying this devastating neurodegenerative disorder, greater commitment towards research in molecular mechanism, diagnostics and treatment will be needed in future AD research.