会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

24 時間運動ガイドラインの遵守は、小児および青年における脂肪率のリスク低下と関連しているか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Public Health.2020 Jul;20(1):1119. 10.1186/s12889-020-09213-3. doi: 10.1186/s12889-020-09213-3.Epub 2020-07-16.

24 時間運動ガイドラインの遵守は、小児および青年における脂肪率のリスク低下と関連しているか?

Is adherence to the 24-hour movement guidelines associated with a reduced risk of adiposity among children and adolescents?

  • Lukáš Jakubec
  • Aleš Gába
  • Jan Dygrýn
  • Lukáš Rubín
  • Adam Šimůnek
  • Erik Sigmund
PMID: 32677940 DOI: 10.1186/s12889-020-09213-3.

抄録

背景:

小児肥満の予防における身体活動(PA)、レクリエーション・スクリーンタイム(ST)、睡眠の複合効果については、ほとんど知られていない。したがって、この研究では、24時間運動ガイドラインと小児および青年の間で脂肪率指標内のPA、ST、および睡眠の推奨事項を満たすこととの間の関連付けを分析することを目的としました。

BACKGROUND: Little is known about the combined effect of physical activity (PA), recreational screen time (ST), and sleep in preventing childhood obesity. Hence, this study aimed to analyze the associations between meeting the PA, ST, and sleep recommendations within the 24-hour movement guidelines and adiposity indicators among children and adolescents.

方法:

8~18歳の児童・青年計679名を対象とした。手首に装着した加速度計の生データから、中等度から活発なPAで過ごした時間と睡眠時間を推定した。レクリエーションSTは子どもまたは親が報告した。体格指数(BMI)zスコア、脂肪質量率(FM%)、および内臓脂肪組織(VAT)を脂肪率の指標として使用した。中等度から重度のPAが1日60分以上、レクリエーションSTが1日2時間未満、睡眠が1日9~11時間(小児の場合)または8~10時間(青年の場合)継続している参加者は、全体的な24時間運動ガイドラインを満たしていると考えられた。

METHODS: A total of 679 children and adolescents aged 8-18 years were included. The time spent in moderate-to-vigorous PA and the sleep duration were estimated from raw data from a wrist-worn accelerometer. Recreational ST was reported by the child or parent. Body mass index (BMI) z-score, fat mass percentage (FM%), and visceral adipose tissue (VAT) were used as adiposity indicators. Participants with ≥ 60 min/day of moderate-to-vigorous PA, < 2 h/day of recreational ST, and uninterrupted sleep for 9-11 h/day (for children) or 8-10 h/day (for adolescents) were considered to meet the overall 24-hour movement guidelines.

結果:

STのみの推奨を満たすことは、青年における高BMI zスコア(オッズ比[OR]=0.38、95%信頼区間[CI]:0.17~0.89)、過剰FM%(OR=0.34、95%CI:0.13~0.93)、過剰VAT(OR=0.27、95%CI:0.10~0.74)のオッズの減少と関連していた。高BMI zスコアのオッズの有意な減少は、STと睡眠の推奨事項の組み合わせを満たすことと関連していた(OR=0.11、95%CI:0.01-0.89)。1つの推奨事項(OR=0.51、95%CI:0.27-0.96)または2つの推奨事項(OR=0.33、95%CI:0.11-0.94)を満たしていた青年は、高BMI zスコアを持つことのORが減少していた。青年では、1つの推奨事項(OR=0.39、95%CI:0.19-0.81)または2つの推奨事項(OR=0.25、95%CI:0.07-0.90)を満たしている場合、過剰なVATを持つオッズが低かった。小児では有意な関連は認められなかった。

RESULTS: Meeting the ST only recommendation was associated with reduced odds of a high BMI z-score (odds ratio [OR] = 0.38, 95% confidence interval [CI]: 0.17-0.89), excess FM% (OR = 0.34, 95% CI: 0.13-0.93), and excess VAT (OR = 0.27, 95% CI: 0.10-0.74) in adolescents. Significantly reduced odds of a high BMI z-score was associated with meeting the combination of the ST and sleep recommendations (OR = 0.11, 95% CI: 0.01-0.89). Adolescents who met one recommendation (OR = 0.51, 95% CI: 0.27-0.96) or any two recommendations (OR = 0.33, 95% CI: 0.11-0.94) had reduced ORs of having a high BMI z-score. Adolescents had lower odds of having excess VAT if they met one recommendation (OR = 0.39, 95% CI: 0.19-0.81) or any two recommendations (OR = 0.25, 95% CI: 0.07-0.90). No significant associations were found in children.

結論:

今回の研究では、24時間運動ガイドライン内の3つの推奨事項すべてを満たすことと、脂肪率指標との間に関連性は認められなかった。しかし、STのみの推奨事項を満たすことと、STと睡眠の推奨事項を組み合わせて満たすことは、過剰な脂肪率のリスクの低下と関連していた。この知見は、小児肥満を予防するための効果的な戦略や介入を設計する際に考慮すべきである。

CONCLUSIONS: The present study showed no associations between meeting all three recommendations within the 24-hour movement guidelines and adiposity indicators. However, meeting ST only recommendation and the combination of the ST and sleep recommendations was associated with a reduced risk of excess adiposity. This finding should be considered when designing effective strategies and interventions to prevent childhood obesity.