国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

酸化ストレスのマーカーであるプロテインカルボニルの血清レベルは,血液透析患者の過湿,サルコペニア,死亡率と関連していた. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Nephrol.2020 Jul;21(1):281. 10.1186/s12882-020-01937-z. doi: 10.1186/s12882-020-01937-z.Epub 2020-07-16.

酸化ストレスのマーカーであるプロテインカルボニルの血清レベルは,血液透析患者の過湿,サルコペニア,死亡率と関連していた.

Serum levels of protein carbonyl, a marker of oxidative stress, are associated with overhydration, sarcopenia and mortality in hemodialysis patients.

  • Young Rim Song
  • Jwa-Kyung Kim
  • Hyung-Seok Lee
  • Sung Gyun Kim
  • Eun-Kyoung Choi
PMID: 32677905 DOI: 10.1186/s12882-020-01937-z.

抄録

背景:

末期腎疾患における酸化ストレスの増加は、動脈硬化や筋肉の衰えの重要なメカニズムの一つと考えられている。しかし、これらのマーカーを直接測定して酸化ストレスの臨床的意義を検討し、体積状態やサルコペニアとの関連を検討した研究は限られている。

BACKGROUND: Increased oxidative stress in end-stage renal disease is regarded as one of the important mechanisms in the atherosclerosis and muscle wasting. However, studies examining the clinical significance of oxidative stress by direct measurement of these markers and its association with volume status and sarcopenia are limited.

方法:

安定した血液透析(HD)患者を対象とした横断的追跡調査を実施し、酸化ストレスのバイオマーカーとして血清タンパク質カルボニルレベルを測定した。さらに、ベースライン時に多頻度体組成分析、ハンドグリップ強度(HGS)、栄養評価を実施した。

METHODS: A follow-up cross-sectional study was performed in stable hemodialysis (HD) patients and serum protein carbonyl levels were measured as a biomarker of oxidative stress. Additionally, multi-frequency body composition analysis, handgrip strength (HGS) and nutritional assessments were performed at baseline.

結果:

HD治療を受けた患者は88例で、30例(34.1%)が平均5.2年の追跡調査期間中に死亡した。平均年齢は60.6±13.5歳、平均HD期間は50.8±41.3ヶ月であった。合計では、16例(18.2%)が過湿、49例(55.7%)が低HGS、36例(40.9%)が低筋量であった。血清蛋白カルボニル値は、血清アルブミン、プレアルブミン、トランスフェリン値、水分補給状態、低HGSと関連していた。過剰な水分補給(オッズ比[OR]7.01、95%CI 1.77~27.79、p=0.006)、プレアルブミン(OR 0.91、95%CI 0.83~0.99、p=0.030)、主観的グローバル評価(OR 3.52、95%CI 1.08~11.46、p=0.037)、サルコペニア(OR 3.41、95%CI 1.02~11.32、p=0.046)は、血清プロテインカルボニル値の上昇と有意に関連していた。多変量解析では、血清プロテインカルボニル値(ハザード比[HR]2.37、95%CI 1.02-5.55、p=0.036)、アルブミン(HR 0.17、95%CI 0.06-0.46、p=0.003)、プレアルブミン(HR 0.86、95%CI 0.80、p=0.003)は、血清プロテインカルボニル値の上昇と有意に関連していた。86、95%CI 0.80-0.92、p=0.001)、過水和(HR 2.31、95%CI 1.26-8.71、p=0.015)、サルコペニア(HR 2.72、95%CI 1.11-6.63、p=0.028)は、全死因死亡率の独立した決定因子であった。

RESULTS: Eighty-eight patients undergoing HD were included and 30 (34.1%) patients died during a mean follow-up of 5.2 years. The mean patient age was 60.6 ± 13.5 years, and the mean HD duration was 50.8 ± 41.3 months. In total, 16 patients (18.2%) were overhydrated, 49 (55.7%) had low HGS and 36 (40.9%) had low muscle mass. Serum protein carbonyl levels were associated with serum levels of albumin, prealbumin and transferrin, hydration status and low HGS. Overhydration (odds ratio [OR] 7.01, 95% CI 1.77-27.79, p = 0.006), prealbumin (OR 0.91, 95% CI 0.83-0.99, p = 0.030), subjective global assessment (OR 3.52, 95% CI 1.08-11.46, p = 0.037) and sarcopenia (OR 3.41, 95% CI 1.02-11.32, p = 0.046) were significantly related to increased serum protein carbonyl levels. Multivariate analysis showed that the serum levels of protein carbonyl (Hazard ratio [HR] 2.37, 95% CI 1.02-5.55, p = 0.036), albumin (HR 0.17, 95% CI 0.06-0.46, p = 0.003), prealbumin (HR 0.86, 95% CI 0.80-0.92, p = 0.001), overhydration (HR 2.31, 95% CI 1.26-8.71, p = 0.015) and sarcopenia (HR 2.72, 95% CI 1.11-6.63, p = 0.028) were independent determinants of all-cause mortality.

結論:

血清中プロテインカルボニルは過湿、栄養状態、サルコペニアと有意に関連しており、HD治療を受けた患者の死亡率の新たな予測因子となる可能性があった。

CONCLUSIONS: Serum protein carbonyl was significantly associated with overhydration, nutritional status and sarcopenia, and could be a new predictor of mortality in patients undergoing HD.