国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ベルギーにおける駆出率保存型心不全:実際のコホートの特徴と転帰 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Cardiol.2020 Jul;:1-10. doi: 10.1080/00015385.2020.1770460.Epub 2020-07-17.

ベルギーにおける駆出率保存型心不全:実際のコホートの特徴と転帰

Heart failure with preserved ejection fraction in Belgium: characteristics and outcome of a real-life cohort.

  • Sibille Lejeune
  • Clotilde Roy
  • Alisson Slimani
  • Agnes Pasquet
  • David Vancraeynest
  • Christophe Beauloye
  • Jean-Louis Vanoverschelde
  • Bernhard L Gerber
  • Anne-Catherine Pouleur
PMID: 32677871 DOI: 10.1080/00015385.2020.1770460.

抄録

背景:

高齢化と心血管系の危険因子の増加により、心不全と駆出率温存(HFpEF)は健康問題として浮上している。ベルギーにおけるHFpEF患者の表現型とその予後に関するデータはほとんど存在しない。

BACKGROUND: Due to aging of the population and the increase of cardiovascular risk factors, heart failure and preserved ejection fraction (HFpEF) is a rising health issue. Few data exist on the phenotype of HFpEF patients in Belgium and on their prognosis.

目的:

ベルギーのHFpEF患者の臨床的特徴と転帰について述べる。

OBJECTIVES: We describe clinical characteristics and outcomes of Belgian HFpEF patients.

方法:

我々は183例のHFpEF患者をプロスペクティブに登録した。彼らは臨床検査、包括的な生物学的解析、心エコー検査を受け、全死因死亡率と心不全による最初の入院を合わせた結果を追跡した。

METHODS: We prospectively enrolled 183 HFpEF patients. They underwent clinical examination, comprehensive biological analysis and echocardiography, and were followed for a combined outcome of all-cause mortality and first HF hospitalisation.

結果:

ベルギーのHFpEF患者は高齢(78±8歳)で、女性(62%)が多く、複数の併存疾患を有していた。95%が高血圧、38%が糖尿病、69%が過体重であった。心房細動の既往歴は63%、慢性腎臓病が60%、貧血が58%であった。30±9ヵ月間で55例(31%)が死亡、87例(49%)が入院、111例(63%)が複合転帰に至った。多変量Cox解析では、低体格指数(BMI)、NYHAクラスIIIおよびIV、糖尿病、腎機能低下、ループ利尿薬の摂取が複合転帰の独立した予測因子であった(<.05)。BMIと腎機能もまた、低ヘモグロビン、高E/e'、右心室機能低下と同様に、死亡率の独立した予測因子であった。

RESULTS: Belgian patients with HFpEF were old (78 ± 8 years), predominantly females (62%) with multiple comorbidities. Ninety-five per cent were hypertensive, 38% diabetic and 69% overweight. History of atrial fibrillation was present in 63% of population, chronic kidney disease in 60% and anaemia in 58%. Over 30 ± 9 months, 55 (31%) patients died, 87 (49%) were hospitalised and 111 (63%) reached the combined outcome. In multivariate Cox analysis, low body mass index (BMI), NYHA class III and IV, diabetes, poor renal function and loop diuretic intake were independent predictors of the combined outcome ( < .05). BMI and renal function were also independent predictors of mortality, as were low haemoglobin, high E/e' and poor right ventricular function.

結論:

ベルギーのHFpEF患者は、合併症の負担が大きい高齢者である。予後は悪く、入院や死亡率も高い。肥満はHFpEF発症の危険因子であるが、低BMIはHFpEF患者の死亡率の最も強い独立した予測因子である。

CONCLUSION: Belgian patients with HFpEF are elderly patients with a high burden of comorbidities. Their prognosis is poor with high rates of hospitalisation and mortality. Although obesity is a risk factor for developing HFpEF, low BMI is the strongest independent predictor of mortality in those patients.