国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

小児患者における大腿動脈偽動脈瘤の外傷性筋枝 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch Argent Pediatr.2020 Aug;118(4):e396-e399. doi: 10.5546/aap.2020.e396.

小児患者における大腿動脈偽動脈瘤の外傷性筋枝

[Traumatic muscular branch of femoral artery false aneurysm in a pediatric patient].

  • Guillermo Eisele
  • Fernanda Lascano
  • Gabriela Aboud
  • Tatiana Bendersky
  • Cristian R Barbaro
PMID: 32677794 DOI: 10.5546/aap.2020.e396.

抄録

偽動脈瘤または偽動脈瘤は、「真の」動脈瘤のように3つの頭頂部層に影響を与えない壁の損傷によって生じた動脈の異常な拡張と定義されています。一般的に、偽動脈瘤は外傷と関連しており、血管内皮の炎症性疾患と関連していることは少ない。臨床的には、患部に脈動性の痛みを伴う血腫が認められる。初期診断は、通常、ドップラー超音波検査で血管またはその壁に関連して低エコー像を示すことで行われる。偽動脈瘤の有病率が低いため、皮膚や軟部組織の感染症や血栓症と混同されることが多い。治療法は、外圧から開腹手術まで様々な選択肢がある。大腿動脈筋枝に外傷性偽動脈瘤を認めた13歳の患者の症例を紹介する。

Pseudoaneurysm or 'false aneurysm' is defined asan abnormal arterial dilatation produced by an injury to its wall that does not affect the three parietal layers like in 'true' aneurysms. In general, false aneurysms are related to traumatisms and, less frequently, to inflammatory disease of vascular endothelium. Clinically, it shows a pulsatile, painful hematoma in the affected region. The initial diagnosis is usually achieved by Doppler ultrasound showing a hypoechoic image in relation to a blood vessel or its wall. Due to the low prevalence of false aneurysm, it is commonly confused with skin and soft tissue's infections or with thrombosis. There are different options of treatment, from extrinsic compression to open surgery. We describe the case of a 13-year-old patient with traumatic false aneurysm of a muscular branch of femoral artery, successfully managed with endovascular exclusion of the lesion with microcoils.

動脈性偽動脈瘤は、血管の拡張、血流の変化の産物です。Es generado, principalmente, por traumatatismos y, enmenor medida, por patologías inflamatorias del endotelio.脈動性および異色性の血腫として提示されます。この診断は、ドップラー生態図を用いて、血管が内部に密集していることに起因しています。このような場合は、そのような方法ではなく、実際にはテラペティコスのアルゴリトモが存在していません。これは、13年前に大腿骨表層動脈の筋肉の間に仮性尿症を発症した患者の症例を記述していますが、これは、外傷性コルタンテの外傷によるものです。

El pseudoaneurisma arterial es la dilatación de un vaso, producto de la lesión de la pared. Es generado, principalmente, por traumatismos y, enmenor medida, por patologías inflamatorias del endotelio. Se presenta como un hematoma pulsátil y doloroso. Su diagnóstico suele realizarse debido a que, ante una ecografía Doppler, se observa una imagen hipoecoica adyacente a un vaso conflujo en su interior. Subajaprevalencia, asociada a su presentación clínica variable, puede generar confusión con infecciones de piel y partes blandas o trombosis. El manejo puede ser desde la compresión extrínseca hasta la cirugía abierta, y no existen algoritmos terapéuticos en la actualidad. Se describe el caso de un paciente de 13 años con un pseudoaneurisma en una rama muscular de la arteria femoral superficial, secundario a un traumatismo cortante en el que se realizó exitosamente el abordaje endovascular con colocación de microcoils para la exclusión del saco pseudoaneurismático.

Sociedad Argentina de Pediatría.