国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

肺炎球菌ワクチンの反応が幼児の喘息増悪頻度に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Immun Inflamm Dis.2020 Jul;doi: 10.1002/iid3.331.Epub 2020-07-17.

肺炎球菌ワクチンの反応が幼児の喘息増悪頻度に及ぼす影響

Impact of pneumococcal vaccine response on asthma exacerbation frequency in young children.

  • Claudia P Eisenlohr
  • Esther M Chartrand
  • Marta R Barzaga
  • Miguel J Lanz
PMID: 32677745 DOI: 10.1002/iid3.331.

抄録

はじめに:

慢性喘息は不均一な疾患であり、好酸球の増加は、特に成人における喘息の増悪の増加を予測することが示されている。最近の勧告では,慢性喘息の高齢児におけるPPV-23ワクチン接種の必要性が示唆されている.

INTRODUCTION: Chronic asthma is a heterogeneous disease, and increased eosinophils have been shown to predict increased asthma exacerbations, especially in adults. Recent recommendations suggest the need for supplemental PPV-23 vaccination in older children with chronic asthma.

方法:

就学前の喘息の違いを調査するために、我々のケースコホート研究では、前年に3回以上の全身性ステロイドバーストのコースと6回以上の抗生物質のコースを必要とする喘息の増悪歴のある127人の小児(平均年齢47ヵ月(32~65歳))を対象とした。

METHODS: To investigate differences in preschool asthma, our case-cohort study comprised of 127 children, mean age 47 months (32-65), with a history of asthma exacerbations requiring more than three courses of systemic steroid bursts and more than six antibiotics courses in the previous year.

結果:

ベースライン時、肺炎球菌に対する平均抗体価反応は、完全肺炎球菌コンジュゲートワクチン(PCV)の接種歴があるにもかかわらず、14 種類の血清型のうち 2.6±2 で低下していた。すべての小児に PCV-13 ブースターおよび/または PPSV-23 を含む肺炎球菌ワクチンを再接種した。ワクチン接種後の平均肺炎球菌ワクチン(PV)力価反応は 23 種類の血清型のうち 16±5 であった。91人の保護者/保護者に連絡を取ったところ、75人はPV後の喘息増悪に対するコルチコステロイドと抗生物質の使用頻度が少ないと回答した。このグループのベースライン好酸球数は211±36/μLであったが、改善なしのグループは371±123/μLと有意に高かった、※P<.05。人口統計学やアトピー状態を含む他のベースライン測定値からは、両群間に有意差(P>.05)は認められなかった。

RESULTS: At baseline, mean antibody titer response to Streptococcus pneumoniae was decreased at 2.6 ± 2 out of 14 serotypes, despite prior complete pneumococcal conjugate vaccine (PCV) vaccinations. All children were readministered pneumococcal vaccinations with PCV-13 booster and/or PPSV-23. Mean postvaccination pneumococcal vaccine (PV) titer response was 16 ± 5 out of 23 serotypes. After contacting 91 parents/caretakers, 75 responded with less frequency of corticosteroids and antibiotic use for asthma exacerbations after PV. This group had baseline eosinophil counts of 211 ± 36/µL, while those without improvement were significantly higher at 371 ± 123/µL,*P < .05. There were no significant differences (P > .05) between the two groups from other baseline measures including demography or atopic status.

結論:

増悪を起こしやすい喘息の小児のこのサブセットでは,事前に PCV-13 の完全免疫を受けていても,肺炎球菌に対する抗体価応答が不良であった.PV血清型に対する低抗体応答の同定は,小児の正確な喘息表現型における喘鳴の増悪を軽減するための標的治療アプローチを提供する可能性がある.

CONCLUSIONS: This subset of children with exacerbation-prone asthma had poor antibody titer response to Streptococcus pneumoniae, even with prior complete PCV-13 immunization. Identification of low antibody responses to PV serotypes may provide a targeted therapeutic approach to reduce wheezing exacerbations in a precise asthma phenotype in children.

© 2020 The Authors. Immunity, Inflammation and Disease published by John Wiley & Sons Ltd.