会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

昆虫類(Hymenoptera: Eupelmidae)の男性と男性の極端な戦闘を伴う攻撃性の生活史 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Bull. Entomol. Res..2020 Jul;:1-7. S0007485320000413. doi: 10.1017/S0007485320000413.Epub 2020-07-17.

昆虫類(Hymenoptera: Eupelmidae)の男性と男性の極端な戦闘を伴う攻撃性の生活史

Life history of aggression in (Hymenoptera: Eupelmidae) with extreme male-male combat.

  • Peng-Cheng Liu
  • De-Jun Hao
  • Wei Hu
  • Jian-Rong Wei
  • Jian-Jun Wang
PMID: 32677606 DOI: 10.1017/S0007485320000413.

抄録

攻撃的な行動は動物によく見られるもので、一般的には生涯に渡って影響を及ぼす。若いオスは年配のオスに比べて残留生殖価値が高く、年配のオスに比べて傷害による損失が多いため、多くの経験的報告や種では年齢が上がるにつれて闘争傾向が強くなる傾向がある。しかし、これらの経験的報告に見られる闘争パターンでは、個体が相手に容易に怪我を負わせることができないという仮説を確認することはできません。そこで、寄生性のスズメバチAnastatus disparis (Hymenoptera: Eupelmidae)を実験モデルに用い、ライフヒストリーの観点から攻撃性の特徴を探りました。その結果、傷害に至るまでの戦いのエネルギーコストが寿命を著しく縮め、ほとんどの交尾能力を失うことが明らかになった。一般的な予測とは異なり、A. disparisの喧嘩の頻度と強度は雄の年齢とともに有意に減少した。さらに研究の結果、若いオスの方が処女のメスとの交尾に成功し、エネルギー代謝に関連するほとんどの遺伝子が高齢オスではダウンレギュレーションされていることが明らかになった。本研究は、若齢のA. disparisのオスは、年齢とともに資源保持能力や性的魅力が低下しているために、攻撃性が高いことを裏付ける証拠を提供した。

Aggressive behaviour is common in animals and typically has lifetime consequences. As younger males have higher residual reproductive value than older males and lose more from injuries than older males do, the propensity for fighting tends to increase with age in many empirical reports and species. However, fighting patterns in those empirical reports cannot confirm the hypothesis that individuals cannot readily inflict injuries on their opponents. To address this shortcoming, a parasitoid wasp species, Anastatus disparis (Hymenoptera: Eupelmidae), was used as an experimental model to explore the characteristics of aggression from a life-history perspective; this wasp exhibits extreme fighting, resulting in contestants experiencing injury and death. Results showed that the energetic costs of fighting to injury significantly shortened life and caused the loss of most mating ability. Inconsistent with general predictions, the frequency and intensity of fighting in A. disparis significantly decreased with male age. Further study results showed significantly more young males were received by and successfully mated with virgin females, and most genes related to energy metabolism were downregulated in aged males. Our study provided supporting evidence that young A. disparis males show more aggression likely because of their resource holding potential and sexual attractiveness decline with age.