会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

物質使用の自己申告と尿検査の一致性評価。イラン、マシュハドにおける集団ベースの研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Ethn Subst Abuse.2020 Jul;:1-15. doi: 10.1080/15332640.2020.1785362.Epub 2020-07-17.

物質使用の自己申告と尿検査の一致性評価。イラン、マシュハドにおける集団ベースの研究

Concordance assessment between self-reports of substance use and urinalysis: A population-based study in Mashhad, Iran.

  • Mohammad Khajedaluee
  • Seyed Abdolrahim Rezaee
  • Narges Valizadeh
  • Tahereh Hassannia
  • Toktam Paykani
PMID: 32677552 DOI: 10.1080/15332640.2020.1785362.

抄録

背景:

イランにおける薬物使用の自己申告の妥当性を取り上げた研究はほとんどない。この研究は、イランで2番目に人口の多い都市であるマシュハドの成人集団を対象に、薬物使用に関する自己申告データと尿検査結果の一致性を評価するために実施された。

BACKGROUND: Few studies have addressed the validity of self-reports of substance use in Iran. This study was conducted to evaluate concordance between self-reported data on drug use and urinalysis results in an adult population in Mashhad as the second most populous city in Iran.

方法:

この集団ベースの研究では、16歳以上のマシュハド住民2142人を募集した。データは、2015年に実施されたマシュハドの成人集団における慢性腎臓病(CKD)の有病率に関する研究から得たものである。参加者は多段階化クラスターサンプリングを用いて抽出した。妥当性を評価するために、薬物使用の単一質問スクリーニングテストに対する参加者の反応を尿検査結果と比較した。また、自己申告の感度、特異度、正負の予測値も評価した。

METHODS: This population-based study recruited 2142 Mashhad residents aged over 16 years. The data were obtained from a study conducted in 2015 on the prevalence of chronic kidney disease (CKD) in an adult population in Mashhad. The participants were selected using multistage stratified cluster sampling. To evaluate the validity, the participants' responses to a single-question screening test of drug use were compared with their urinalysis results. The sensitivity, specificity, and positive and negative predictive values of the self-reports were also assessed.

結果:

薬物使用の有病率は、自己申告に基づくと2.33%(95%CI:1.75~3.09)、尿検査結果に基づくと17.74%(95%CI:16.15~19.43)であった。オピオイドが最も多く使用されており、自己申告の妥当性は低かった(感度=12.63%、95%CI:9.54-16.49)。女性は男性よりも薬物使用を誤報告する傾向が強いことが明らかになった。

RESULTS: The prevalence of drug use was found to be 2.33% (95% CI: 1.75-3.09) based on the self-reported data and 17.74% (95% CI: 16.15-19.43) based on the urinalysis results. Opioids were the most prevalent form of drug used and the self-reports indicated low validity (sensitivity = 12.63%, 95% CI: 9.54-16.49). The women were found more predisposed than the men to misreporting their drug use.

DISCUSSION:

イランの他の研究と同様に、薬物使用の自己申告の有効性は低いことがわかった。したがって、政策立案者は、介入や予防戦略の有効性を評価するために自己申告データだけに頼ることは避けるべきである。イランの集団における自己報告の有効性に影響を与える要因に対処するために、さらなる詳細な研究を実施することが推奨される。

DISCUSSION: In line with other studies in Iran, the validity of the self-reports of drug use was found to be low. Policymakers should therefore avoid relying only on self-reported data to evaluate the effectiveness of interventions and preventive strategies. It is recommended that further in-depth studies be conducted to address the factors affecting the validity of self-reports in Iranian populations.