会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

EOS画像による頸胸接合部の可視化は、従来の頸部側方X線写真よりも優れている | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Global Spine J.2020 Jul;:2192568220934486. doi: 10.1177/2192568220934486.Epub 2020-07-07.

EOS画像による頸胸接合部の可視化は、従来の頸部側方X線写真よりも優れている

Visualization of the Cervicothoracic Junction With EOS Imaging Is Superior to Conventional Lateral Cervical Radiographs.

  • Brandon P Hirsch
  • Maksim Vaynrub
  • Matthew Siow
  • Anthony Zou
  • Utkarsh Anil
  • Dennis Vasquez Montes
  • Themistocles S Protopsaltis
PMID: 32677525 DOI: 10.1177/2192568220934486.

抄録

研究デザイン:

単施設レトロスペクティブレビュー。

STUDY DESIGN: Single-center retrospective review.

目的:

頸胸接合部(CTJ)は、従来のX線写真では一般的に可視化が困難である。全身ステレオラジオグラフィ(EOS)では、視差誤差がなく、より低い放射線量で、体重をかけた状態で軸方向骨格全体を撮影することが可能である。本研究では、側方EOS画像におけるCTJの椎体の可視性と、従来の頸椎側方X線写真の可視性を比較することを試みた。

OBJECTIVES: The cervicothoracic junction (CTJ) is typically difficult to visualize using traditional radiographs. Whole-body stereoradiography (EOS) allows for imaging of the entire axial skeleton in a weightbearing position without parallax error and with lower radiation doses. In this study we sought to compare the visibility of the vertebra of the CTJ on lateral EOS images to that of conventional cervical lateral radiographs.

方法:

フェローシップ研修を受けた2名の脊椎外科医が、12ヶ月以内に取得した側方頸部X線写真とEOS画像の両方を撮影した50名の患者の画像を評価した。C6-T2の椎体の目に見えるコルテックスの数を0-4でスコア化した。患者の体格指数と各レベルでの脊椎症>2mmの存在を記録した。また、各レベルでの脊椎症を検出するのに十分な視認性が得られなかった場合の発生率も、両モダリティについて計算した。

METHODS: Two fellowship-trained spine surgeons evaluated the images of 50 patients who had both lateral cervical radiographs and EOS images acquired within a 12-month period. The number of visible cortices of the vertebral bodies of C6-T2 were scored 0-4. Patient body mass index and the presence of spondylolisthesis >2 mm at each level was recorded. The incidence of insufficient visibility to detect spondylolisthesis at each level was also calculated for both modalities.

結果:

平均して、T1とT2ではXRよりもEOSの方が皮質の視認性が高かったが、C6とC7では皮質の視認性は同等であった。患者の体格指数は、T2時のXRでの皮質の可視性とT1およびT2時のEOSでの皮質の可視性とは逆相関していた。C7-T1およびT1-2では、EOSとXRで脊椎症を検出するのに十分な視認性が得られなかったが、C6-7では検出されなかった。

RESULTS: On average, there were more visible cortices with EOS versus XR at T1 and T2, whereas visible cortices were equal at C6 and C7. Patient body mass index was inversely correlated with cortical visibility on XR at T2 and on EOS at T1 and T2. There was a significant difference in the incidence of insufficient visibility to detect spondylolisthesis on EOS versus XR at C7-T1 and T1-2, but not at C6-7.

結論:

EOSイメージングはCTJの椎体の画像化に優れている。EOSイメージングは、より少ない放射線被曝でCTJの高品質な画像を得ることができることから、頸部奇形患者の評価における診断ツールとしてさらに検討されるべきである。

CONCLUSIONS: EOS imaging is superior at imaging the vertebra of the CTJ. EOS imaging deserves further consideration as a diagnostic tool in the evaluation of patients with cervical deformity given its ability to produce high-quality images of the CTJ with less radiation exposure.