国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

2型糖尿病の有無にかかわらず、肥満でない心不全患者における筋消耗の特徴的な決定因子 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Diabetes.2020 Jul;doi: 10.1111/1753-0407.13090.Epub 2020-07-16.

2型糖尿病の有無にかかわらず、肥満でない心不全患者における筋消耗の特徴的な決定因子

Distinct determinants of muscle wasting in non-obese heart failure patients with and without type 2 diabetes mellitus.

  • Toshiyuki Yano
  • Satoshi Katano
  • Hidemichi Kouzu
  • Ryohei Nagaoka
  • Takuya Inoue
  • Yuhei Takamura
  • Tomoyuki Ishigo
  • Ayako Watanabe
  • Katsuhiko Ohori
  • Masayuki Koyama
  • Nobutaka Nagano
  • Takefumi Fujito
  • Ryo Nishikawa
  • Akiyoshi Hashimoto
  • Tetsuji Miura
PMID: 32677311 DOI: 10.1111/1753-0407.13090.

抄録

背景:

筋消耗、すなわち筋肉量の減少は、慢性心不全(CHF)および糖尿病(DM)患者で頻繁に観察される。

BACKGROUND: Muscle wasting, i.e., reduction in muscle mass, is frequently observed in patients with chronic heart failure (CHF) and diabetes mellitus (DM).

方法:

我々は、虫垂骨格筋量指数(ASMI)の評価のためにデュアルエネルギーX線吸収法(DEXA)スキャンを受けた185人のCHF患者(年齢中央値71歳、[四分位間値範囲61~78歳、男性64%)をレトロスペクティブに調査しました。

METHODS: We retrospectively examined 185 CHF patients (median age of 71years, [interquartile range, 61 - 78years]; 64% male) who received a dual energy X ray absorptiometry (DEXA) scan for assessment of appendicular skeletal muscle mass index (ASMI).

結果:

CHF患者70人(38%)がDMを有していた。DM患者は、虚血性心疾患と高血圧の有病率が高く、推定糸球体濾過率(eGFR)とASMIの値が低く、血漿レニン活性(PRA)の値がDMなしの患者より高かった。単純回帰分析では、ASMIはMini Nutritional Assessment Short Form(MNA-SF)スコア、ヘモグロビン、eGFR、空腹時血漿インスリンレベルと正の相関があり、NT-proBNP、PRA、コルチゾールレベルと負の相関があった。重回帰分析では、年齢、MNA-SFスコア、DM、空腹時血漿インスリンレベル、PRAはASMIと独立して関連していた。非DM群とDM群に分けて重回帰分析を行ったところ、両群ともMNA-SFスコアと空腹時血漿インスリンレベルはASMIと独立した変数であった。PRAはDM群ではASMIと独立して関連していたが、非DM群では関連していなかった。一方、コルチゾール濃度は非DM群でのみASMIと独立して関連していた。

RESULTS: Seventy CHF patients (38%) had DM. Patients with DM had higher prevalences of ischemic heart disease and hypertension, lower levels of estimated glomerular filtration rate (eGFR) and ASMI, and higher levels of plasma renin activity (PRA) than did patients without DM. In simple regression analyses, ASMI was positively correlated with Mini Nutritional Assessment Short Form (MNA-SF) score and levels of hemoglobin, eGFR, and fasting plasma insulin and was negatively correlated with levels of NT-proBNP, PRA, and cortisol. In multiple linear regression analyses, age, MNA-SF score, DM, fasting plasma insulin level, and PRA were independently associated with ASMI. When multiple linear regression analyses were separately performed in a non-DM group and a DM group, MNA-SF score and fasting plasma insulin level were independent variables for ASMI in both groups. PRA was independently associated with ASMI in the DM group but not in the non-DM group, whereas cortisol concentration was independently associated with ASMI only in the non-DM group.

結論:

栄養不良と血漿インスリンの減少に加えて,レニン-アンジオテンシン系の活性化が,DMを有するCHF患者における筋消耗の発現に関与している可能性がある。

CONCLUSIONS: In addition to malnutrition and reduction in plasma insulin, renin-angiotensin system activation may be responsible for the development of muscle wasting in CHF patients with DM.

This article is protected by copyright. All rights reserved.