会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

セリシンフォームカイコ(Bombyx mori)を精液エクステンダーに添加したイノシシの凍結保存精液の評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Anim. Sci. J..2020 Jan;91(1):e13428. doi: 10.1111/asj.13428.

セリシンフォームカイコ(Bombyx mori)を精液エクステンダーに添加したイノシシの凍結保存精液の評価

Evaluation of cryopreserved boar semen after supplementation sericin form silkworm (Bombyx mori) in semen extender.

  • Ruthaiporn Ratchamak
  • Thanaporn Ratsiri
  • Theerapat Kheawkanha
  • Thevin Vongpralub
  • Wuttigrai Boonkum
  • Vibuntita Chankitisakul
PMID: 32677083 DOI: 10.1111/asj.13428.

抄録

イノシシの凍結保存精液は、膜脂質過酸化により品質が大きく低下するため、人工授精にはほとんど使用されていない。本研究では、精液エクステンダー中のセリシン(抗酸化物質)の最適添加量を決定することにより、解凍後のイノシシ精液の品質を向上させることを目的とした。0%から1%(w/v)の間の5段階のセリシン補給量を検討した。精液を液体窒素蒸気法で凍結し、5℃で5分間ゆっくり解凍し、精子の質の評価に使用した。その結果、凍結融解中の精子の生存率、アクロソームの完全性、ミトコンドリア機能の維持には、0.5%~1%のセリシンの補給がより効果的であることが示された。さらに、0.75%のセリシン補充は、精子の総運動性および精子の進行運動性に対して最も保護的であった。さらに、0.25%~0.75%のセリシン補給は、脂質過酸化の指標の増加を有意に抑制した。結論として、凍結保存されたイノシシ精液を改善するための凍結エクステンダーの代替成分として、0.75%セリシンが推奨される。しかし、この適応が農場での子孫生産に適用できることを実証するためには、AIを用いた更なる研究が必要であろう。

Boar cryopreserved semen is scarcely used for artificial insemination due to its quality which is largely reduced by membrane lipid peroxidation. This present study was designed to improve the post-thawed boar semen quality by determining the optimal level of sericin supplementation (antioxidants) in semen extender. Five levels of sericin supplementation between 0% and 1% (w/v) were examined. Semen was frozen by the liquid nitrogen vapor method, thawed slowly at 5°C for 5 min, and used for the evaluation of sperm quality. The results indicated 0.5%-1% sericin supplementation was more effective on maintenance of sperm viability, acrosome integrity, and mitochondrial functions during freezing-thawing. Moreover, 0.75% sericin supplementation was most protective toward total sperm motility and sperm progressive motility. Additionally, 0.25%-0.75% sericin supplementation significantly suppressed increases in the index of lipid peroxidation. In conclusion, 0.75% sericin is recommended as an alternative component of the freezing extender to improve cryopreserved boar semen. However, further research using AI will be necessary to demonstrate that this indication can be applied to the production of offspring in the farms.

© 2020 Japanese Society of Animal Science.