国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

合成グルココルチコイドを投与されている患者における向精神薬の処方パターン | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Psychiatr Scand.2020 Jul;doi: 10.1111/acps.13217.Epub 2020-07-16.

合成グルココルチコイドを投与されている患者における向精神薬の処方パターン

Prescription patterns of psychotropics in patients receiving synthetic glucocorticoids.

  • Taisuke Yatomi
  • Takahito Uchida
  • Hiroyoshi Takeuchi
  • Shin Kuramochi
  • Kimio Yoshimura
  • Masaru Mimura
  • Hiroyuki Uchida
PMID: 32677065 DOI: 10.1111/acps.13217.

抄録

目的:

合成グルココルチコイドは様々な精神症状を引き起こす。向精神薬の処方は、精神症状の発現の代理と考えられる。本研究の目的は、合成グルココルチコイドを投与されている外来患者における向精神薬の処方を調査することであった。

OBJECTIVE: Synthetic glucocorticoids cause various psychiatric symptoms. Prescription of psychotropic drugs could be considered to be a proxy for manifestation of psychiatric symptoms. The aim of this study was to investigate the prescriptions of psychotropics in outpatients receiving synthetic glucocorticoids.

方法:

厚生労働省が作成した全国データベースの2015年1月中のクレームサンプリングデータを用いた。合成グルココルチコイドの経口投与を受けている外来患者と年齢・性別をマッチさせた対照群との間での向精神薬の処方率と,合成グルココルチコイドの8つの用量群における向精神薬の処方率をカイ二乗検定で比較し,それぞれの向精神薬のクロルプロマジン/イミプラミン/ジアゼパム当量(または1日規定量)をWelchのt検定で比較した。

METHODS: We used the claims sampling data during January 2015 from the national database made by the Ministry of Health, Labor, and Welfare in Japan. We compared the prescription rates of psychotropics between outpatients receiving oral synthetic glucocorticoids and age- and sex-matched controls and the prescription rates of psychotropics among the eight dosage groups of synthetic glucocorticoids by chi-squared test, and chlorpromazine/imipramine/diazepam equivalent doses (or daily defined doses) of respective psychotropics among these groups using Welch's t-test.

結果:

合成グルココルチコイドは、581,990人の患者のうち3.1%(n=18,122)に処方されていた。向精神薬の処方率は、合成グルココルチコイドを処方された患者の方が非処方患者よりも有意に高かった:抗精神病薬、1.8%(n=321)対1.1%(n=201)(p=1.4×10 )、抗うつ薬、4.0%(n=724)対4.0%(n=724)(p=1.4×10 )。4.0% (n=724) 対 2.0% (n=359) (p=8.7×10 )、抗不安薬・催眠薬 16.7% (n=3,029) 対 10.2% (n=1,841) (p=2.7×10 )、気分安定薬 1.3% (n=238) 対 0.7% (n=120) (p=3.6×10 ) とそれぞれ有意差は認められなかった。抗不安薬・催眠薬以外の向精神薬の処方率には、8つの合成グルココルチコイド投与群間で有意差はなかった。

RESULTS: Synthetic glucocorticoids were prescribed to 3.1% (n=18,122) of 581,990 patients. The prescription rates of psychotropics were significantly higher among the synthetic glucocorticoid recipients than among the non-recipients: antipsychotics, 1.8% (n=321) vs. 1.1% (n=201) (p=1.4×10 ); antidepressants, 4.0% (n=724) vs. 2.0% (n=359) (p=8.7×10 ); anxiolytics/hypnotics, 16.7% (n=3,029) vs. 10.2% (n=1,841) (p=2.7×10 ); and mood stabilizers, 1.3% (n=238) vs. 0.7% (n=120) (p=3.6×10 ), respectively. There was no significant difference in the prescription rates of any psychotropic drugs, other than anxiolytics/hypnotics, among the eight synthetic glucocorticoid dosage groups.

結論:

合成グルココルチコイドの経口投与は、抗不安薬・催眠薬以外の向精神薬のいずれかの種類の使用との関連性が認められたが、本研究はレトロスペクティブで横断的であるため、因果関係は確認できなかった。

CONCLUSION: Prescriptions of oral synthetic glucocorticoids were found to be associated with the use of any of the types of psychotropic drugs, other than anxiolytics/hypnotics, although a causal relationship could not be confirmed due to the retrospective and cross-sectional nature of this study.

This article is protected by copyright. All rights reserved.