国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

堅実な子育てと青少年の適応。ストレス反応性と呼吸器洞性不整脈の二重同調 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dev Psychobiol.2020 Jul;doi: 10.1002/dev.22019.Epub 2020-07-17.

堅実な子育てと青少年の適応。ストレス反応性と呼吸器洞性不整脈の二重同調

Firm parenting and youth adjustment: Stress reactivity and dyadic synchrony of respiratory sinus arrhythmia.

  • Assaf Oshri
  • Sihong Liu
  • Landry G Huffman
  • Kalsea J Koss
PMID: 32677062 DOI: 10.1002/dev.22019.

抄録

親の行動は、青少年の外部化する問題の発達に対する強力なリスク因子および保護因子である。しっかりとしたコントロールは、個々の生物学的文脈のばらつきが原因である可能性があり、青少年の適応には一貫してリンクしていない親の戦略である。自律神経系の二重性調節(例:親子の生理的同期)が、子育てと青少年の適応を結びつける神経生物学的メカニズムであることが研究によって明らかになってきている。しかし、生理的同期は文脈に依存している可能性があります(例えば、肯定的な相互作用では適応的、否定的な相互作用では不適応)。我々は、親の確固たるコントロールと青少年の外部化する問題との間の媒介者として、親子衝突時の呼吸器副鼻腔不整脈(RSA)における二重同期の役割を検証することを目的とした。若者のストレス反応性を捉えるために、ガルバニック皮膚反応性(GSR-R)がこの間接的な経路をどのように調節したかについても検証した。サンプルには、低社会経済状態にあるリスクの高い思春期前の若者と両親の101組のダイアドが含まれていた。その結果、若年層のGSR-Rのレベルが高いほど、紛争時の親の会社支配と二重性RSA同期との間のリンクが有意に強化されることが示された。二重RSAの同期は、青少年が問題を外部化することで増加することをさらに予測した。全体的な結果は、親が高い反応性を持つ十代の若者にしっかりとしたコントロールのある子育てをすると、二重性RSA同期が上昇し、潜在的に若者の葛藤への最適な対処方法をモデル化することを示唆しており、それは外面化する問題の増加と関連している。

Parental behaviors are potent risk and protective factors for youth development of externalizing problems. Firm control is a parenting strategy that is inconsistently linked to youth adjustment, possibly due to variations in individual biological contexts. Growing research shows that dyadic coregulation of the autonomic nervous system (e.g., parent-child physiological synchrony) is a neurobiological mechanism that links parenting to youth adjustment. However, physiological synchrony may be context-dependent (e.g., adaptive in positive interactions, maladaptive in negative interactions). We aimed to test the role of dyadic synchrony in respiratory sinus arrhythmia (RSA) during parent-child conflict as a mediator between parent firm control and youth's externalizing problems. To capture youth's stress reactivity, we also tested how galvanic skin response reactivity (GSR-R) moderated this indirect path. The sample included 101 dyads of low socioeconomic-status at-risk preadolescents and parents. Results indicated that youth higher levels of GSR-R significantly intensified the link between parent firm control and dyadic RSA synchrony during conflict. Dyadic RSA synchrony further predicted youth increased in externalizing problems. Overall, results suggest that when parents employ firm control parenting with highly reactive teens, dyadic RSA synchrony elevates, potentially modeling less optimal coping with conflict for the youth, which is associated with increased externalizing problems.

© 2020 Wiley Periodicals LLC.