国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

自動乳房超音波検査を受けている女性における単独評価としてのコロナビューの価値 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Radiol Med.2020 Jul;10.1007/s11547-020-01250-7. doi: 10.1007/s11547-020-01250-7.Epub 2020-07-16.

自動乳房超音波検査を受けている女性における単独評価としてのコロナビューの価値

The value of coronal view as a stand-alone assessment in women undergoing automated breast ultrasound.

  • Simone Schiaffino
  • Licia Gristina
  • Simona Tosto
  • Elena Massone
  • Sara De Giorgis
  • Alessandro Garlaschi
  • Alberto Tagliafico
  • Massimo Calabrese
PMID: 32676876 DOI: 10.1007/s11547-020-01250-7.

抄録

背景:

本研究の目的は、乳房が密集している女性における自動乳房超音波検査(AUS)の価値を、読影時間、診断性能、観察者間の一致度の観点から評価することであった。また、冠状画像のみの評価と完全多平面画像(MPR)の評価を行った。

BACKGROUND: Aim of the study was to evaluate the value of automated breast ultrasound (AUS) in women with dense breast, in terms of reading times, diagnostic performance and interobserver agreement. The assessment of coronal images alone versus the complete multiplanar (MPR) views was evaluated.

方法:

2017年8月から10月の間に、マンモグラフィ後の超音波評価、術前評価、または既知の良性病変のフォローアップのために、当院に紹介された乳房が密集している連続した患者は、AUSによる追加試験を受けるために招待されました。3人の放射線科医(乳房画像診断の経験は5年、15年、25年)が2回の検査を行いました:1回目は再構成された冠状画像のみの評価、2回目は完全なMPR画像を評価しました。読影時間、診断性能、および観察者間の一致を評価しました。

METHODS: Between August and October 2017, consecutive patients with dense breast that were referred to our Institute, for post-mammography ultrasound assessment, pre-operative assessment or follow-up of known benign lesions, were invited to undergo an additional study with AUS. Three radiologists, (5, 15 and 25 years of experience in breast imaging), reviewed the exams twice: first assessing reconstructed coronal images alone, second the complete MPR views. Reading times, diagnostic performance and interobserver agreement were assessed.

結果:

乳房病変は悪性25(37%)と良性42(63%)の合計67個、188名の女性が含まれていた。MPRと比較して、冠状視野は次のような関連があった:3人の読影時間がそれぞれ83±37、84±43、76±30秒、163±109、131±57、151±42秒(p<0.035)、感度が44.8%、62.1%、感度が44.8%、62.1%と低かった。0.035)、感度はそれぞれ44.8%、62.1%、55.2%対69.0%(p=0.059)、65.5%(p=0.063)、72.4%(p=0.076)、特異度はそれぞれ94.1%、93.7%、94.2%対89.5%(p=0.093)、87.4%(p=0.002)、91.6%(p=0.383)と低かったが、特異度はそれぞれ94.1%、93.7%、94.2%対89.5%(p=0.093)、87.4%(p=0.002)、91.6%(p=0.383)と高かった。最も経験のある読者と最も経験の浅い読者の間の一致度は、カテゴリカルな変数では中等度から中等度であり、連続的な変数では有意であった。

RESULTS: One hundred eighty-eight women were included, for a total of 67 breast lesions, 25 (37%) malignant and 42 (63%) benign. Compared to MPR, coronal view was associated with: lower reading times, respectively, for the three readers: 83 ± 37, 84 ± 43 and 76 ± 30 versus 163 ± 109, 131 ± 57, 151 ± 42 s (p < 0.035); lower sensitivity: 44.8%, 62.1%, 55.2% versus 69.0% (p = 0.059), 65.5% (p = 0.063), 72.4% (p = 0.076), respectively; better specificity: 94.1%, 93.7%, 94.2% versus 89.5% (p = 0.093), 87.4% (p = 0.002), 91.6% (p = 0.383), respectively. Agreement between the most and the least experienced reader was fair to moderate for categorical variables and significant for continuous ones.

結論:

コロナ画像は読影時間を大幅に短縮することができ、スクリーニングの設定では貴重な機能であるが、その診断性能は完全な多面的評価を必須としている。

CONCLUSION: The coronal view allows significantly lower reading times, a valuable feature in the screening setting, but its diagnostic performance makes the complete multiplanar assessment mandatory.