国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

筋浸潤性膀胱癌におけるネオアジュバント化学療法や導入化学療法の最終治療サイクルの前にコンピュータ断層撮影を行っても、病理組織学的転帰を予測することはできず、単一施設のレトロスペクティブ予後調査の結果を反映したものではない | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Transl Androl Urol.2020 Jun;9(3):1062-1072. tau-09-03-1062. doi: 10.21037/tau-19-872.

筋浸潤性膀胱癌におけるネオアジュバント化学療法や導入化学療法の最終治療サイクルの前にコンピュータ断層撮影を行っても、病理組織学的転帰を予測することはできず、単一施設のレトロスペクティブ予後調査の結果を反映したものではない

Computerized tomography before the final treatment cycle of neoadjuvant chemotherapy or induction chemotherapy in muscle-invasive urinary bladder cancer, cannot predict pathoanatomical outcomes and does not reflect prognosis-results of a single centre retrospective prognostic study.

  • Haben Mogos
  • Elisabeth Eriksson
  • Johan Styrke
  • Amir Sherif
PMID: 32676390 PMCID: PMC7354331. DOI: 10.21037/tau-19-872.

抄録

背景:

筋浸潤性膀胱癌(MIBC)の最終サイクルであるネオアジュバント化学療法(NAC)または誘導化学療法(IC)の前に、病理組織学的pTNM病期および病理組織学的反応/非反応を予測するという観点から、コントロールコンピュータトモグラフィー(cCT)を使用して反応の状態を決定するルーチンを評価している。第二に、2年および3年の全生存期間(OS)の予測。

Background: Evaluating the routine of using control computer tomography (cCT) for determining the response status of muscle-invasive bladder cancer (MIBC) prior to final cycle of neoadjuvant chemotherapy (NAC) or induction chemotherapy (IC), in terms of predicting histopathological pTNM-staging and pathoanatomical responses/non-responses. Secondly, predicting two and three-year overall survival (OS).

方法:

スウェーデン、ウメオのノールランド大学病院で2006年から2014年にNACまたはICと根治的膀胱摘出術(RC)を受けた限局性MIBC(cT2-4aN0M0)の患者77人と結節性播種が最小限(cN1-2)の患者3人を対象に、RECIST基準による分類を試みた。ベースラインの膀胱摘出術前のCTと最終化学療法サイクル前のcCTをレビューし、RECIST基準で5つの奏効・非奏効サブグループ(n=71)に分類しました。pTNMと比較したcCTの診断精度は、感度、特異度、陽性および陰性の尤度比を用いて評価した。全例(n=80)とcCTで評価されたカテゴリーの患者(n=71)について、病理組織学的なpTNMステージとの関連で2年と3年のOSを計算した。全生存期間の多変量解析は、第一にpTNM病期と、第二に放射線学的病期分類との相関関係で行った。

Methods: Seventy-seven patients with localized MIBC (cT2-4aN0M0) and 3 patients with minimal nodal dissemination (cN1-2), undergoing NAC or IC and radical cystectomy (RC), the years 2006-2014 at Norrland university hospital in Umeå, Sweden. Baseline pre-cystectomy CTs and cCTs prior to final chemotherapy-cycle, were reviewed and underwent attempted RECIST-criteria categorization, into five response/non-response related subgroups (n=71). The diagnostic accuracy of cCT in comparison with pTNM was assessed using sensitivity, specificity, positive- and negative likelihood ratios. OS for 2 and 3 years was calculated, both in relation to histopathological pTNM-stages in all patients (n=80) and for the patients with cCT-evaluated categories (n=71). Multivariable analysis for OS, was performed in correlation to pTNM-stages firstly, and to radiological staging secondly.

結果:

pTMNによる非反応を予測するcCTの感度は64%、特異度は36%であった。正の尤度比=1、負の尤度比=1であった。cCT評価ではpTNMステージを反応/非反応の観点から正確に予測することはできなかった。cCTと2年後および3年後のOSとの相関については、統計学的に有意な結果は得られなかった。

Results: The sensitivity of cCT to predict non-responders according to pTMN was 64% and specificity 36%. The positive likelihood ratio=1 and the negative likelihood ratio =1. CT-evaluations couldn't accurately predict pTNM-stages in terms of response/non-response. No statistically significant results were found in correlating cCTs with two and three-year OS.

結論:

NACまたはICを受けたMIBC患者の最終的な術前化学療法サイクルの前にcCTを行うと、pTNMとの相関性が悪く、病的反応を予測することができない。cCTに基づいてOSを予測することは不可能である。

Conclusions: cCT prior to planned final preoperative chemotherapy-cycle in MIBC patients undergoing NAC or IC, has a poor correlation with pTNM and cannot predict pathoanatomical responses. Prediction of OS based on cCTs is unfeasible.

2020 Translational Andrology and Urology. All rights reserved.