会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

精神病の超高リスク者における顔面感情認識の障害と統合失調症やパラノイアレベルとの関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Front Psychiatry.2020;11:577. doi: 10.3389/fpsyt.2020.00577.Epub 2020-06-26.

精神病の超高リスク者における顔面感情認識の障害と統合失調症やパラノイアレベルとの関連

Impaired Facial Emotion Recognition in Individuals at Ultra-High Risk for Psychosis and Associations With Schizotypy and Paranoia Level.

  • Eunchong Seo
  • Hye Yoon Park
  • Kyungmee Park
  • Se Jun Koo
  • Su Young Lee
  • Jee Eun Min
  • Eun Lee
  • Suk Kyoon An
PMID: 32676040 PMCID: PMC7333645. DOI: 10.3389/fpsyt.2020.00577.

抄録

背景:

統合失調症患者や精神病の超高リスク者(UHR)では、顔の感情表現の認識に障害があることが報告されている。この障害には、顔面情動認識の不正確さと負のバイアスの両方が関与している。本研究の目的は、超高リスク者(UHR)が両タイプの顔感情認識障害を呈しているかどうかを調査し、これらの障害と統合失調症やパラノイアのレベルとの相関を探ることであった。

Background: Patients with schizophrenia and individuals at ultra-high risk for psychosis (UHR) have been reported to exhibit impaired recognition of facial emotion expressions. This impairment has involved both inaccuracy and negative bias of facial emotion recognition. The present study aimed to investigate whether UHR individuals display both types of impaired facial emotion recognition and to explore correlations between these impairments and schizotypy, as well as paranoia levels, in these individuals.

方法:

UHR 対象者 43 名と健常対照者 57 名(HC)の合計で、60 枚の標準化された顔写真からなる顔感情認識タスクを完了させた。相関関係を調べるために、UHR個体において、Revised Physical Anhedonia ScaleおよびMagical Ideation Scaleを用いて分裂病型を評価し、Paranoia ScaleおよびPositive and Negative Syndrome Scaleの迫害・疑惑項目を用いてパラノイア度を評価した。

Methods: A total of 43 UHR individuals and 57 healthy controls (HC) completed a facial emotion recognition task consisting of 60 standardized facial photographs. To explore correlations, we assessed schizotypy using the Revised Physical Anhedonia Scale and Magical Ideation Scale and paranoia level using the Paranoia Scale and persecution/suspicious item of the Positive and Negative Syndrome Scale in UHR individuals.

研究結果:

HCと比較して、UHRでは顔の感情認識の精度が低く(70.6%対75.6%、p=0.010)、中立的な顔に対する「恐怖」反応の割合が高かった(14.5%対6.0%、p=0.003)。UHR個体では、不正確さは分裂病スコアと有意に相関したが、パラノイアレベルとは相関しなかった。逆に、中立的な顔に対する「嫌悪感」反応はパラノイアレベルと相関する唯一の恐怖反応であり、脅威に関連した感情反応は統合病型スコアと相関しなかった。

Results: Compared with HC, UHR individuals exhibited less accuracy for facial emotion recognition (70.6% vs. 75.6%, p=0.010) and a higher rate of "fear" responses for neutral faces (14.5% vs. 6.0%, p=0.003). In UHR individuals, inaccuracy was significantly correlated with schizotypy scores, but not with paranoia level. Conversely, "disgust" response for neutral faces was the only fear response correlated with paranoia level, and no threat-related emotion response correlated with schizotypy scores.

議論:

UHRの人は顔面感情認識の不正確さと負のバイアスを示した。さらに、分裂病型のスコアは顔の感情認識の不正確さと関連していたが、負のバイアスとは関連していなかった。パラノイア度は中立的な顔の「嫌悪感」反応と相関したが、不正確さとは相関しなかった。これらの結果から、顔の感情認識の不正確さと負のバイアスは異なるプロセスを反映しており、不正確さは統合失調症の脆弱性マーカーである可能性が示唆された。

Discussion: UHR individuals exhibited inaccuracy and negative bias of facial emotion recognition. Furthermore, schizotypy scores were associated with inaccuracy but not with negative bias of facial emotion recognition. Paranoia level was correlated with "disgust" responses for neutral faces but not with inaccuracy. These findings suggest that inaccuracy and negative bias of facial emotion recognition reflect different underlying processes, and that inaccuracy may be a vulnerability marker for schizophrenia.

Copyright © 2020 Seo, Park, Park, Koo, Lee, Min, Lee and An.