国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

大動脈瘤切除後のHeartMate 3左室補助装置インプラント | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Proc (Bayl Univ Med Cent).2020 Jul;33(3):455-456. 1759334. doi: 10.1080/08998280.2020.1759334.Epub 2020-05-13.

大動脈瘤切除後のHeartMate 3左室補助装置インプラント

HeartMate 3 left ventricular assist device implant after excision of a large apical aneurysm.

  • Themistokles Chamogeorgakis
  • Konstantinos Kostopanagiotou
  • Allison Behler
  • Dimitrios Apostolou
PMID: 32675986 PMCID: PMC7340437. DOI: 10.1080/08998280.2020.1759334.

抄録

左室先端動脈瘤の存在は、左室補助装置(LVAD)の留置時に技術的な課題となる可能性がある。我々は心停止下でのHeartMate III LVADの植え込みについて述べている。心室動脈瘤切除術が行われ、瘢痕組織と実行可能な心筋との間の移行帯のレベルで左室頂点にLVADが植え込まれた。左心室開口部とHeartMate 3ポンプとのサイズの不一致を補うために、2-0プロレン・フォンタン縫合糸を転移部に円周方向に2本留置した。心エコー解析の結果、流入カニューレの向きが最適であることが確認され、患者は問題なく回復した。

The presence of a left ventricular apical aneurysm may pose a technical challenge during implantation of a left ventricular assist device (LVAD). We describe implantation of a HeartMate III LVAD under cardioplegic arrest. A ventricular aneurysmectomy was performed and the LVAD was implanted at the left ventricular apex at the level of the transition zone between the scar tissue and the viable myocardium. Two pursestring 2-0 Prolene Fontan sutures were placed circumferentially at the transition zone to make up for the size discrepancy between the left ventricular opening and the HeartMate 3 pump. The echocardiographic analysis demonstrated optimal inflow cannula orientation, and the patient had an uneventful recovery.

Copyright © 2020 Baylor University Medical Center.