国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

伴侶動物のコミュニティ病院における手と動物の接触面でのメチシリン耐性の有病率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Can. Vet. J..2020 Jun;61(6):613-620. cvj_06_613.

伴侶動物のコミュニティ病院における手と動物の接触面でのメチシリン耐性の有病率

Prevalence of methicillin-resistant on hand-contact and animal-contact surfaces in companion animal community hospitals.

  • Andrea V Perkins
  • Debra C Sellon
  • John M Gay
  • Eric T Lofgren
  • Dale A Moore
  • Lisa P Jones
  • Margaret A Davis
PMID: 32675813 PMCID: PMC7238483.

抄録

メチシリン耐性(MRSP)はコンパニオンアニマルの重要な病原体であるが、プライマリケア環境での疫学を評価した研究はほとんど発表されていない。この研究では、米国ワシントン州とアイダホ州にある 11 の小動物のプライマリケア病院で、手や動物が接触する表面上の MRSP の有病率を調べました。全体として、11病院中7病院(64%)から少なくとも1検体からMRSPが分離され、374検体中36検体(10%)から分離されましたが、手や動物の接触面での有病率に差はありませんでした(= 0.51)。パルスフィールドゲル電気泳動法による菌株のタイピングでは、病院内での MRSP 菌株の類似性が高いことが示されたが、異なる病院の菌株間での類似性はわずかであった。各病院内の手や動物の接触面には、区別できない MRSP 株が存在していました。各病院の代表者にアンケートを実施しました。回答者の報告によると、動物と接触した表面は、手と接触した表面よりも頻繁に洗浄および消毒されているとのことでした(<0.001)。手指の衛生管理と手指接触面の消毒を改善することで、動物病院の患者のMSRPへの曝露が減少する可能性があります。

Methicillin-resistant (MRSP) is an important companion animal pathogen, but few published studies have evaluated its epidemiology in primary care settings. This study determined MRSP prevalence on hand- and animal-contact surfaces in 11 small animal primary care hospitals in Washington and Idaho, USA. Overall, MRSP was isolated from at least 1 sample from 7 of 11 hospitals (64%) and from 36 of 374 total samples (10%) with no difference in prevalence between hand- and animal-contact surfaces ( = 0.51). Strain typing by pulsed-field gel electrophoresis indicated high within-hospital similarity of MRSP strains, but minimal similarity between strains from different hospitals. Indistinguishable MRSP strains were present on handand animal-contact surfaces within individual hospitals. A questionnaire was administered to a representative from each hospital. Respondents reported that animal-contact surfaces were cleaned and disinfected more frequently than hand-contact surfaces ( < 0.001). Improving hand hygiene and disinfection of hand-contact surfaces may decrease exposure of veterinary patients to MSRP.

. résistant à la méthicilline (MRSP) est un agent pathogène important chez les animaux de compagnie, maisu peu d'また、このような状況の中で、私たちは、このような状況に対応するためには、このような状況を改善することが重要であると考えています。この研究では、米国ワシントン州とアイダホ州の11の第一原発施設で、主電源との接触面と動物との接触面におけるMRSPの有病率を測定しました。また、世界的に見ても、MRSP は、11 匹のうち 7 匹(64 %)と 36 374 匹のうち 36 匹のうち 1 匹のエシャンティヨンに分離されています。また、このように、主表面接触と動物表面接触の間の有病率に差はありませんでした(=0.51)。また、電気泳動のタイプは、MRSPの血液型と類似していますが、異なる血液型で証明された血液型の間では、類似性は最小です。MRSPの区別がつかない傷は、1つの病院のメインと動物との接触面に存在していました。また、アンケートは、病院の代表者に提出されました。回答者は、動物との接触面が網目状になっていて、主要な動物との接触面に比べて、より高いレベルで消毒されていることを報告しています(<0.001)。このように、本剤を使用した接触面の衛生状態の改善と本剤を使用した接触面の除菌は、MSRPの患者数を減少させることができます。

. résistant à la méthicilline (MRSP) est un agent pathogène important chez les animaux de compagnie, mais peu d’études publiées ont évalué son épidémiologie dans les sites de soins de première ligne. Dans la présente étude on détermina la prévalence de MRSP sur les surfaces de contact avec les mains et les surfaces de contact avec les animaux dans 11 hôpitaux de première ligne pour animaux de compagnie dans les états de Washington et de l’Idaho, USA. De manière globale, le MRSP fut isolé à partir d’au moins un échantillon dans 7 des 11 hôpitaux (64 %) et de 36 des 374 échantillons (10 %) sans noter de différence dans la prévalence entre les contacts main-surface ou animal-surface ( = 0,51). Le typage des souches par électrophorèse en champs pulsés indiqua une similarité intra-hôpital élevée des souches de MRSP, mais une similarité minimale entre les souches provenant d’hôpitaux différents. Des souches indistinguables de MRSP étaient présentes sur les surfaces de contact avec les mains et les animaux dans un même hôpital. Un questionnaire fut soumis à un représentant de chaque hôpital. Les répondants rapportèrent que les surfaces de contact avec l’animal étaient nettoyées et désinfectées plus fréquemment que les surfaces de contact avec les mains ( < 0,001). Une amélioration de l’hygiène des mains et de la désinfection des surfaces en contacts avec les mains pourraient diminuer l’exposition de patients vétérinaires au MSRP.(Traduit par D Serge Messier).

Copyright and/or publishing rights held by the Canadian Veterinary Medical Association.