国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

超音波活性化生体吸収性骨合成術を用いた頭蓋骨縫合症の治療法 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Craniofac Surg.2020 Jul;doi: 10.1097/SCS.0000000000006791.Epub 2020-07-14.

超音波活性化生体吸収性骨合成術を用いた頭蓋骨縫合症の治療法

Ultrasound-Activated Bioresorbable Osteosynthesis in the Treatment of Craniosynostosis.

  • Youbai Chen
  • Zehao Niu
  • Haizhong Zhang
  • Qixu Zhang
  • Meredith August
  • Yan Han
PMID: 32675769 DOI: 10.1097/SCS.0000000000006791.

抄録

本研究の目的は、超音波活性化生分解性骨合成術(UBO)を用いた頭蓋骨閉塞症治療における固定関連の合併症の発生率を推定することである。著者らは、MEDLINE、PubMed、Embase、Google Scholar、およびCochrane Libraryを2005年1月から2020年1月までに検索し、頭蓋湾症の治療における固定のためのUBOの使用を報告している臨床研究を検索した。主要アウトカムは、不安定な固定、腫脹、プレートの視認性、触知性、感染、炎症、サイナス形成、排出、インプラント暴露、再手術またはインプラント除去を含む固定関連の合併症の発生率であった。プールされた発生率はランダムエフェクトモデルを用いて推定された。特定された155件の研究のうち、10件が含まれ、371人の患者が含まれていた。46例(12.4%)の患者が固定関連の合併症を呈していた。腫脹/視認性/触知性、感染症、再手術/インプラント抜去の発生率は、利用可能なデータに基づいてプールされた。プールされた慢性的な腫脹/視認性/触知性の発生率は0.21(95%信頼区間[CI]、0.05-0.43)であった。はずれ値研究を省略した感度解析では、むくみ/可視/触覚の発生率は0.07(95%信頼区間[CI]、0.04-0.11)であったことが示されている。プールされた感染症および再手術/インプラント抜去の発生率は、それぞれ0.07(95%CI、0.01-0.16)および0.04(95%CI、0.01-0.09)であった。結果から、UBOは安定した固定が可能であるが、慢性的な腫脹/視認性/触知性、感染、除去のための再手術は珍しくないことが示された。これらの文献を踏まえ、著者らは、前眼窩が大きく前進している患者や冠状縫合部などの皮膚/皮下組織が薄い部位では、UBOを慎重に使用することを推奨している。慢性的な腫脹/触診/分解時の視認性の可能性が高いため、術前に検討する必要がある。

The purpose of this study is to estimate the incidence of fixation-related complications following ultrasound-activated biodegradable osteosynthesis (UBO) in the treatment of craniosynostosis. The authors searched MEDLINE, PubMed, Embase, Google Scholar, and Cochrane Library from January 2005 to January 2020 for clinical studies reporting the use of UBO for fixation in the treatment of craniosynostosis. The primary outcome was the incidence of fixation-related complications, including unstable fixation; swelling, plate visibility, or palpability; infection; inflammation, sinus formation, and discharge; implant exposure; reoperation or implant removal. The pooled incidence rates were estimated using random-effects models. Of 155 studies identified, 10 were included, representing 371 patients. Forty-six (12.4%) patients presented fixation-related complications. The incidence rates of swelling/visibility/palpability, infection, and reoperation/implant removal were pooled based on the available data. The pooled incidence rate of chronic swelling/visibility/palpability was 0.21 (95% confidence interval [CI], 0.05-0.43). Sensitivity analysis by omitting the outlier study demonstrates that the incidence of swelling/visibility/palpability was 0.07 (95% CI, 0.04-0.11). The pooled incidence rate of infection and reoperation/implant removal was 0.07 (95% CI, 0.01-0.16) and 0.04 (95% CI, 0.01-0.09), respectively. Results show that although UBO can provide stable fixation, chronic swelling/visibility/palpability, infection, and reoperation for removal are not uncommon. Based on the literature, the authors recommend judicious use of UBO in patients with large frontorbital advancement and in the area of the coronal suture or other sites with thin overlying skin/subcutaneous tissue. The high possibility of chronic swelling/palpability/visibility during degradation, needs to be discussed preoperatively.