国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

脊椎狭窄症に関連した変性腰部脊柱側弯症の外科的管理。PI-LLは重要か? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Spine.2020 Aug;45(15):1047-1054. 00007632-202008010-00011. doi: 10.1097/BRS.0000000000003465.

脊椎狭窄症に関連した変性腰部脊柱側弯症の外科的管理。PI-LLは重要か?

Surgical Management of Degenerative Lumbar Scoliosis Associated With Spinal Stenosis: Does the PI-LL Matter?

  • Hao Bai
  • Yaobin Li
  • Chenxin Liu
  • Yan Zhao
  • Xiong Zhao
  • Wei Lei
  • Yafei Feng
  • Zixiang Wu
PMID: 32675607 DOI: 10.1097/BRS.0000000000003465.

抄録

研究デザイン:

レトロスペクティブ観察コホート研究。

STUDY DESIGN: Retrospective observational cohort study.

目的:

長尺と短尺の融合治療の利点を比較し、脊椎狭窄症(DLSS)に伴う変性腰部脊柱側弯症の外科的管理について外科医の意思決定を助ける可能性のある要因を特定すること。

OBJECTIVES: To compare the benefits of long and short fusion treatments, and to identify factors potentially aiding surgeons' decision making about the surgical management of degenerative lumbar scoliosis associated with spinal stenosis (DLSS).

背景データの概要:

DLSSの治療における長尺および短尺セグメント融合の比較有効性については、まだ議論の余地がある。

SUMMARY OF BACKGROUND DATA: The comparative effectiveness of long and short segment fusion for the treatment of DLSS remains controversial.

方法:

本研究では、後方のみの癒合手術で管理された症候性DLSS患者53例が登録された。20人の患者が短い癒合(2セグメント以下)を受け、33人の患者が3セグメント以上の癒合を受けた。放射線学的転帰はX線撮影で評価した。視覚アナログスケール(VAS)およびOswestry Disability Index(ODI)スコアを含む健康関連のQOLデータが術前およびフォローアップのすべての訪問で収集された。

METHODS: Fifty-three patients with symptomatic DLSS managed by posterior-only fusion surgery were enrolled in this study. Twenty patients underwent short fusion (fewer than two segments), and 33 patients had more than three segments fused. The radiological outcomes were assessed by radiography. Health-related quality of life data, including visual analog scale (VAS) and Oswestry Disability Index (ODI) scores, were collected at all preoperative and follow-up visits.

結果:

ショートフュージョン群とロングフュージョン群では、コブ角(4.2° vs. 11.2°)、腰椎ローダシス(3.9° vs. 11.5°)、腰椎ローダシス角を差し引いた骨盤インシデンス(PI - LL; 3.2° vs. 11.2°)の変化に有意な差が認められた。ショートフュージョン、ロングフュージョンともに、腰痛と下肢痛に有意な変化が得られた。PI -LLs"Zs_200A">"Zs_200A"10°の患者では、ショートフュージョン(VAS 2.6"Zs_200A"±"Zs_200A"1.7)よりもロングフュージョン(VAS 4.0"Zs_200A"±"Zs_200A"2.0)の方が腰痛の緩和効果が高かった。PI-LLs"Zs_200A">"Zs_200A"10°の患者は、ロングフュージョン後に有意な歩行能力の改善を示した(ODI 1.0"Zs_200A"±"Zs_200A"0.8)。短い融合後の立位能力の改善は、PI-LL"Zs_200A"≤"Zs_200A"10°(ODI 0.9"Zs_200A"±"Zs_200A"0.6)のときに大きくなった。

RESULTS: The short and long fusion groups showed significant differences in the change in the Cobb angle (4.2° vs. 11.2°), lumbar lordosis (3.9° vs. 11.5°), and pelvic incidence minus the lumbar lordosis angle (PI - LL; 3.2° vs. 11.2°). Both the short and long fusion achieved significant changes in low back pain and leg pain. Patients with PI -LLs > 10° had more relief of low back pain after long fusion (VAS 4.0 ± 2.0) than after short fusion (VAS 2.6 ± 1.7). Patients with PI - LLs > 10° showed significantly improved walking ability after long fusion (ODI 1.0 ± 0.8). The improvement in standing ability after short fusion was greater when PI - LL ≤ 10°(ODI 0.9 ± 0.6).

結論:

ロングセグメント融合は、PI-LLがミスマッチである場合に腰痛をより良く和らげ、歩行能力を向上させることができますが、ショートセグメント融合は、よりバランスのとれた矢状筋背骨アライメントの症例での立位能力を向上させる上でより有利である。

CONCLUSION: Long segment fusion can relieve low back pain better and improve walking ability when PI-LL is mismatched, whereas short segment fusion is more advantageous in improving standing ability in cases of more balanced sagittal spinopelvic alignment.

証拠のレベル:

3.

LEVEL OF EVIDENCE: 3.