会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ドイツのQOL-AD(Quality of Life-Alzheimer's Disease)セルフレポート尺度の妥当性と信頼性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Alzheimers Dis..2020 Jul;JAD200400. doi: 10.3233/JAD-200400.Epub 2020-07-15.

ドイツのQOL-AD(Quality of Life-Alzheimer's Disease)セルフレポート尺度の妥当性と信頼性

Validity and Reliability of the German Quality of Life-Alzheimer's Disease (QoL-AD) Self-Report Scale.

  • Vanessa Stypa
  • Peter Häussermann
  • Tim Fleiner
  • Sandra Neumann
PMID: 32675413 DOI: 10.3233/JAD-200400.

抄録

背景:

QoL-AD(Quality of Life-Alzheimer's Disease)尺度は、認知症におけるQoL(Quality of Life)の尺度として広く用いられている。この尺度はいくつかの言語で有効性が確認されているが、ドイツの自己報告版の心理測定特性はまだ分析されていない。

BACKGROUND: The Quality of Life-Alzheimer's Disease (QoL-AD) scale is a widely used measure of quality of life (QoL) in dementia. Although the instrument has been validated in several languages, the psychometric properties of the German self-report version have not yet been analyzed.

目的:

本研究では、ドイツのQoL-AD自己報告尺度の内部一貫性、テスト・テストの信頼性、構成要素の妥当性を検討した。

OBJECTIVE: This study examines the internal consistency, test-retest reliability, and construct validity of the German QoL-AD self-report scale.

方法:

サンプルは、軽度から中等度のアルツハイマー病または血管性認知症の患者30名(女性19名、平均年齢77.3歳、Mini-Mental State Examination(MMSE)の平均スコア19.7点)である。再試験の信頼性を調べるために、QoL-AD自己報告尺度を4~7日間隔で再試験した。構成要素の妥当性分析には、Dementia Quality of Life instrument(DQoL)、Geriatric Depression Scale(GDS)、MMSE、およびNeuropsychiatric Inventory(NPI)の短縮形を用いた。

METHODS: The sample included 30 patients suffering from mild to moderate Alzheimer's disease or vascular dementia (19 females; mean age 77.3 years; mean Mini-Mental State Examination (MMSE) score 19.7 points). To determine test-retest reliability, the QoL-AD self-report scale was re-administered four to seven days apart. For construct validity analysis, the Dementia Quality of Life instrument (DQoL), Geriatric Depression Scale (GDS), MMSE, and an adapted short form of the Neuropsychiatric Inventory (NPI) were used.

結果:

ドイツのQoL-AD自己報告尺度は、α="Zs_200A"0.79の内部整合性と、r"Zs_200A"="Zs_200A"0.75(p"Zs_200A"<"Zs_200A"0.01)のテスト・レスト信頼性を示した。構成妥当性については、QoL-ADの総得点とDQoLとの間に有意な正の相関が認められた(r"Zs_200A"="Zs_200A"0.47、p"Zs_200A"<"Zs_200A"0.05)。分析の結果、GDSまたは適合NPIとの有意な相関は認められませんでした。QoL-ADとMMSEの間には関連性は観察されず(r"Zs_200A"="Zs_200A"0.01)、発散的妥当性が確認された。

RESULTS: The German QoL-AD self-report scale shows an internal consistency of α= 0.79 and a test-retest reliability of r = 0.75 (p < 0.01). Regarding construct validity, there was a significant positive correlation between the total scores of the QoL-AD and DQoL (r = 0.47, p < 0.05). The analysis revealed no significant correlations with the GDS or the adapted NPI. No association could be observed between the QoL-AD and the MMSE (r = 0.01), confirming divergent validity.

結論:

結果は、ドイツのQoL-AD自己報告尺度が軽度から中等度の認知症患者のQoLを評価するのに適した尺度であることを示しており、臨床実践と研究での使用を支持しています。

CONCLUSION: The results indicate that the German QoL-AD self-report scale is a suitable instrument for assessing QoL in patients suffering from mild to moderate dementia, thus supporting its use in clinical practice and research.