国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

RAPIDプログラムの実施と成果。RAPIDプログラムの実施と成果:マンチェスターにおける肺がんパスウェイのフロントエンドへの対応 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Med (Lond).2020 Jul;20(4):401-405. 20/4/401. doi: 10.7861/clinmed.2019-0218.

RAPIDプログラムの実施と成果。RAPIDプログラムの実施と成果:マンチェスターにおける肺がんパスウェイのフロントエンドへの対応

Implementation and outcomes of the RAPID programme: Addressing the front end of the lung cancer pathway in Manchester.

  • Matthew Evison
  • Kath Hewitt
  • Judith Lyons
  • Phil Crosbie
  • Haval Balata
  • Caroline Gee
  • Rebecca Duerden
  • Melanie Greaves
  • Anna Sharman
  • Richard Booton
PMID: 32675147 DOI: 10.7861/clinmed.2019-0218.

抄録

序論:

肺がんが疑われる患者は、CT(コンピュータ断層撮影)、CTの専門家による解釈、専門家との診察を必要とする。肺がんパスウェイのフロントエンドでこれらの構成要素に迅速にアクセスすることで、大幅な時間短縮が可能となる。

INTRODUCTION: Patients with suspected lung cancer require computed tomography (CT), specialist interpretation of the CT and a consultation with a specialist. Significant time savings could be made with rapid access to these components in the front end of the lung cancer pathway.

方法:

RAPIDプログラムは、2016年4月にマンチェスターのWythenshawe病院で開始されました。このパスウェイでは、肺がんが疑われる患者に対して、翌営業日のCT検査、CT画像の「ホット」な報告、診断専門医との同日診察を提供しています。

METHODS: The RAPID programme was launched at Manchester's Wythenshawe Hospital in April 2016. This pathway offers next working day CT for patients with suspected lung cancer, immediate 'hot' reporting of CT images and a same day consultation with a diagnostic specialist.

結果:

2016年4月から2019年1月までに、1,027人の患者がRAPIDプログラムに紹介された。紹介から CT までの期間の中央値は 3 日間であった。CT は 94%の患者でホットレポートされた。CTからトリアージ、診断専門医の診察までの時間の中央値は0日であった。全体の56%と90%の患者は、それぞれ紹介から3日と7日以内にCTとコンサルテーションを完了していた(実施前は0%と24%)。

RESULTS: From April 2016 to January 2019, 1,027 patients were referred to the RAPID programme. The median time from referral to CT was 3 days. The CT was hot reported in 94% of patients. The median time from CT to triage and consultation with a diagnostic specialist was 0 days. Overall 56% and 90% of patients had completed a CT and consultation within 3 and 7 days of referral, respectively (0% and 24% prior to implementation).

結論:

単純な作業量の再編成により、肺がんの疑いがある患者がCTの報告を受けて専門医に会うためのパスウェイが大幅に短縮されましたが、これはすべての病院で再現可能であると確信しています。

CONCLUSION: Through simple reorganisation of workload, we have significantly reduced the pathway for patients with suspected lung cancer to meet a specialist with a reported CT, something we firmly believe is replicable across all hospitals.

© Royal College of Physicians 2020. All rights reserved.