国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

蛍光イメージングによる肝病変の同定:インドシアニングリーンの投与法の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
HPB (Oxford).2020 Jul;S1365-182X(20)31053-4. doi: 10.1016/j.hpb.2020.06.006.Epub 2020-07-13.

蛍光イメージングによる肝病変の同定:インドシアニングリーンの投与法の比較

Identification of liver lesions using fluorescence imaging: comparison of methods for administering indocyanine green.

  • Kosuke Kobayashi
  • Yoshikuni Kawaguchi
  • Yuta Kobayashi
  • Masaru Matsumura
  • Takeaki Ishizawa
  • Nobuhisa Akamatsu
  • Junichi Kaneko
  • Junichi Arita
  • Yoshihiro Sakamoto
  • Norihiro Kokudo
  • Kiyoshi Hasegawa
PMID: 32675045 DOI: 10.1016/j.hpb.2020.06.006.

抄録

背景:

インドシアニングリーン(ICG)を用いた蛍光イメージングは,術中に肝臓腫瘍を蛍光として可視化することが可能である.本研究では、近赤外光カメラシステムを用いた蛍光画像化のためのICGの投与量と投与時期を評価した。

BACKGROUND: Fluorescence imaging using indocyanine green (ICG) enables intraoperatively visualizing liver tumors as fluorescent. This study evaluated the doses and timing of ICG administration for visualizing tumors via fluorescence using near-infrared light camera systems.

方法:

2016年から2017年に肝腫瘍に対する開肝切除術を受けた連続した患者を対象とした。手術1日前にICGを0.25mg静脈内注射(IV)、1.25mg-IV、2.5mg-IV、または3.75mg-IVのいずれかで静脈内注射した。患者が術前10日以内にICG(0.5mg/kg)保持試験を受けた場合、追加のICGは投与しなかった。PDE-NEOおよびPINPOINTを用いて、肝臓腫瘍の同定を可能にする蛍光画像化の能力を比較した。

METHODS: Consecutive patients who underwent open liver resection for liver tumors from 2016 to 2017 were included. ICG was intravenously injected one-day before surgery at 0.25 mg-intravenous injection (IV), 1.25 mg-IV, 2.5 mg-IV, or 3.75 mg-IV. No additional ICG was administered when patients underwent ICG (0.5 mg/kg) retention test within 10 preoperative days. The ability of fluorescence imaging to enable identifying liver tumors was compared using the PDE-NEO and PINPOINT.

結果:

82人の患者の154病変を評価した。PDE-NEOの腫瘍同定率は投与量間で有意差はなかった。PDE-NEOの陽性予測値は、3.75mg-IV(69.0%)では対照群(92.0%)(p=0.036)、1.25mg-IV(88.9%)(p=0.033)に比べて有意に低かった。PINPOINTの腫瘍同定率は、3.75mg-IV(82.4%)では1.25mg-IV(60.0%)よりも有意に高かった(p=0.035)。PINPOINTの陽性予測値は投与量間で有意差はなかった。

RESULTS: 154 lesions in 82 patients were assessed. The tumor identification rate of PDE-NEO did not differ significantly among dosages. The positive predictive values of PDE-NEO were significantly lower at 3.75 mg-IV (69.0%) than in the control group (92.0%) (p = 0.036) and at 1.25 mg-IV (88.9%) (p = 0.033). The tumor identification rate of PINPOINT was significantly higher at 3.75 mg-IV (82.4%) than at 1.25 mg-IV (60.0%) (p = 0.035). The positive predictive values of PINPOINT did not significantly differ among dosages.

結論:

術前10日以内にICG検査が実施されなかった場合、術前1日前に2.5mgのICGを投与することで、蛍光イメージングによる腫瘍の同定が可能になります。

CONCLUSION: Administering 2.5 mg of ICG one-day before surgery can enable identifying tumors via fluorescence imaging when the ICG test was not performed within 10 preoperative days.

Copyright © 2020 International Hepato-Pancreato-Biliary Association Inc. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.