会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

頭頸部放射線治療後の頸動脈プラーク狭窄の有病率 - 156人の生存者を対象とした観察研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
VASA.2020 Jul;:1-7. doi: 10.1024/0301-1526/a000896.Epub 2020-07-17.

頭頸部放射線治療後の頸動脈プラーク狭窄の有病率 - 156人の生存者を対象とした観察研究

Prevalence of carotid plaque stenosis after head and neck radiotherapy - an observational study of 156 survivors.

  • Marie-Luise Valentin
  • Stefano Barco
  • Gabriela Studer
  • Robert Clemens
  • Robert Kreuzpointner
  • Tim Sebastian
  • Christoph Thalhammer
  • Nils Kucher
PMID: 32674693 DOI: 10.1024/0301-1526/a000896.

抄録

:頭頸部がん(HNC)に対する放射線治療は、無症候性頸動脈病変および急性脳血管事故のよく知られた素因因子である。我々の目的は、HNC生存者における頸動脈病変の有病率、重症度、特徴についての最新の推定値を提供することである:我々は、放射線治療を受けたHNC患者で、二重超音波検査時に病変がない患者をプロスペクティブに対象とした。放射線治療を受けたHNC生存者で、二重超音波検査時に病変がない患者を対象とした。 放射線治療の最終セッションから平均65.2ヶ月後に二重超音波検査を受けた156例を対象とした。頸動脈が正常であった患者は36例(23.1%)であり、狭窄性でない軽度の病変は49.4%(n=77)に認められ、重度の狭窄性プラークは27.5%(n=43)に認められた。左ICAに無症候性の閉塞を認めた患者は1例であった。主要な心血管系危険因子の有病率と高線量はプラークの重症度に比例して増加した。低エコープラークは右側59例(37.8%)、左側57例(36.5%)に認められ、長径プラークは右側49例(31.4%)、左側47例(30.1%)に認められ、非定型部位は右側42例(26.9%)、左側48例(30.8%)に認められた。 HNCに対する放射線治療後の閉塞および重度狭窄の有病率は、本研究集団では非常に低かった。低エコー性プラーク、長セグメントプラーク、非定型部位が一般的な所見であった。古典的な心血管系危険因子が原因となっているように思われる:放射線治療を受けた患者の定期的なスクリーニングは、心血管系危険因子を併発している患者や高線量の頸部放射線を受けた患者にのみ必要であろう。

: Radiotherapy for head and neck cancer (HNC) represents a well-known predisposing factor for asymptomatic carotid artery lesions and acute cerebrovascular accidents. Our aim is to provide contemporary estimates on the prevalence, severity, and characteristics of carotid artery lesions in HNC survivors. : We prospectively included HNC patients who underwent radiotherapy and were free from the disease at the time of duplex ultrasound evaluation. Patients were re-contacted telephonically and those who agreed to participate were invited for an ambulatory visit when the investigators collected clinical information and performed duplex ultrasound examination based on a predefined protocol. : A total of 156 patients were included and underwent duplex ultrasound examination after a mean of 65.2 months from the last session of radiotherapy. A total of 36 patients (23.1%) had normal carotid arteries; mild, non-stenotic lesions were observed in 49.4% (n = 77) of patients; severe stenotic plaques were found in 27.5% (n = 43) of patients. One patient found with an asymptomatic occlusion of the left ICA. The prevalence of major cardiovascular risk factors and high radiation dose increased proportionally with plaque severity. Low echogenicity plaque was found in 59 (37.8%) patients on the right side and 57 (36.5%) on the left side; long segment plaque in 49 (31.4%) patients on the right side and in 47 (30.1%) on the left side; an atypical location of the lesions in 42 (26.9%) patients on the right side and in 48 (30.8%) on the left side. : The prevalence of occlusion and severe stenosis after radiotherapy for HNC was very low in our study population. Low echogenicity plaque, long segment plaque, and an atypical location were common findings. Classic cardiovascular risk factors appear to have had a causative role: a routine screening of radiotherapy-treated patients might be necessary only in patients with concomitant cardiovascular risk factors or exposed to high-dose neck radiation.