国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

合併性虫垂炎では定期的な術中細菌培養が必要となる可能性がある | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ann Coloproctol.2020 Jun;36(3):155-162. ac.2019.11.04.1. doi: 10.3393/ac.2019.11.04.1.Epub 2020-06-30.

合併性虫垂炎では定期的な術中細菌培養が必要となる可能性がある

Routine Intraoperative Bacterial Culture May Be Needed in Complicated Appendicitis.

  • Jung Tack Son
  • Gue Chun Lee
  • Hyung Ook Kim
  • Taewoon Kim
  • Donghyoun Lee
  • Sung Ryol Lee
  • Kyung Uk Jung
  • Hungdai Kim
  • Ho-Kyung Chun
PMID: 32674546 DOI: 10.3393/ac.2019.11.04.1.

抄録

目的:

複雑な虫垂炎の治療には、適切な抗生物質の選択が重要です。しかし,多剤耐性菌の増加は,治療を成功させる上で深刻な問題となっている。本研究では,合併性虫垂炎患者から分離された細菌を同定し,抗生物質に対する感受性や患者の臨床経過との関係を明らかにすることを目的とした。

PURPOSE: Choosing the appropriate antibiotic is important for treatment of complicated appendicitis. However, increasing multidrug resistant bacteria have been a serious problem for successful treatment. This study was designed to identify bacteria isolated from patients with complicated appendicitis and reveal their susceptibilities for antibiotics and their relationship with patient clinical course.

方法:

本研究では、複雑性虫垂炎と診断された患者を対象に、分離株の細菌培養と抗菌薬感受性を調べた。データは2008年1月から2018年2月までの江北三星病院の診療記録からレトロスペクティブに収集した。

METHODS: This study included patients diagnosed with complicated appendicitis and examined the bacterial cultures and antimicrobial susceptibilities of the isolates. Data were retrospectively collected from medical records of Kangbuk Samsung Hospital from January 2008 to February 2018.

結果:

合併性虫垂炎で培養された一般的な細菌種は以下の通りであった。大腸菌(n=113、48.9%)、連鎖球菌(n=29、12.6%)、シュードモナス(n=23、10.0%)、バクテリオデス(n=22、9.5%)、クレブシエラ(n=11、4.8%)、エンテロコッカス(n=8、3.5%)であった。抗生物質感受性検査では、拡張スペクトラムβラクタマーゼ(ESBL)の陽性率は9.1%(231例中21例)であった。カルバペネムに対する耐性率は1.7%(231例中4例),バンコマイシンに対する耐性率は0.4%(231例中1例)であった。大腸菌のESBL陽性率は16.8%(113例中19例)であり,cefotaximeに対する耐性率は22.1%,ceftazidimeに対する耐性率は19.5%であった。不適切な経験的抗生物質治療(IEAT)は 55 例(31.8%)で発生し、臓器・腔外科部位感染(SSI)と有意に関連していた(55 例中 7 例、P=0.005)。

RESULTS: The common bacterial species cultured in complicated appendicitis were as follows: Escherichia coli (n=113, 48.9%), Streptococcus spp. (n=29, 12.6%), Pseudomonas spp. (n=23, 10.0%), Bacteriodes spp. (n=22, 9.5%), Klebsiella (n=11, 4.8%), and Enterococcus spp. (n=8, 3.5%). In antibiotics susceptibility testing, the positive rate of extended-spectrum beta lactamase (ESBL) was 9.1% (21 of 231). The resistance rate to carbapenem was 1.7% (4 of 231), while that to vancomycin was 0.4% (1 of 231). E. coli was 16.8% ESBL positive (19 of 113) and had 22.1% and 19.5% resistance rates to cefotaxime and ceftazidime, respectively. Inappropriate empirical antibiotic treatment (IEAT) occurred in 55 cases (31.8%) and was significantly related with organ/space surgical site infection (SSI) (7 of 55, P=0.005).

結論:

韓国人の市中感染性複雑虫垂炎では抗生物質耐性菌の割合が高かった。さらに、複雑虫垂炎のIEATはSSIの発生率を高める可能性がある。複雑虫垂炎患者における定期的な術中培養は、適切な抗生物質レジメンのための有効な戦略である可能性がある。

CONCLUSION: The rate of antibiotic resistance organisms was high in community-acquired complicated appendicitis in Koreans. Additionally, IEAT in complicated appendicitis may lead to increased rates of SSI. Routine intraoperative culture in patients with complicated appendicitis may be an effective strategy for appropriate antibiotic regimen.