国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

離乳後の子豚の感染症を制御するためにライセンスされた自家製ワクチンの免疫学的応答と保護効果に関するフィールドスタディ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Vaccines (Basel).2020 Jul;8(3). E384. doi: 10.3390/vaccines8030384.Epub 2020-07-14.

離乳後の子豚の感染症を制御するためにライセンスされた自家製ワクチンの免疫学的応答と保護効果に関するフィールドスタディ

Field Study on the Immunological Response and Protective Effect of a Licensed Autogenous Vaccine to Control Infections in Post-Weaned Piglets.

  • Lorelei Corsaut
  • Marty Misener
  • Paisley Canning
  • Guy Beauchamp
  • Marcelo Gottschalk
  • Mariela Segura
PMID: 32674276 DOI: 10.3390/vaccines8030384.

抄録

は、離乳豚の最も重要な細菌性病原体の一つであり、養豚業界への深刻な経済的損失の責任があります。現在、ほとんどの場合、死滅した細菌(バクテリン)で構成された自家製ワクチンが利用可能であるが、実地試験による免疫学的・保護学的データが不足している。しかし、現場での研究から得られた免疫学的・保護学的データは不足しています。本研究では、問題が再発している農場の子豚または母豚に自家製ワクチンを適用した場合の免疫学的反応について、初めてフィールドでの比較研究を報告する。(I) ワクチンを接種していない母豚の子豚は、最初の1週間と生後3週間の間に自家製バクテリンを接種しました。II)母豚は分娩前の 5 週間と 3 週間にワクチンを受け、子豚は非ワクチンを受けた。ワクチン接種によって誘導された血清抗体のレベル、アイソタイププロファイル、およびオソノファゴサイトーシス能を評価した。子豚のワクチン接種では、活発な免疫応答を誘導することができなかった。母豚のワクチン接種では、主にIgG1からなる抗抗体が有意に増加した。しかし、アイソタイプの切り替えはワクチンに含まれる血清型によって調節されていた。ワクチン接種した母豚におけるこのような抗体の増加にもかかわらず、母体免疫の子豚への移行は、対照群(すなわち、ワクチン接種していない母豚からの子豚)と差がありませんでした。注目すべきことに、子豚の母体抗体のレベルは、ワクチン接種プログラムとは無関係に、生後 1 週間の時点ですでに非常に高く、顕著なオソノファゴサイトーシス能を持っていました。しかし、それらのレベルは、離乳後のハイリスク期に抗体が存在しない可能性があることを示し、年齢の3週目までに減少しました。これらの観察は、農場での臨床的保護の欠如と相関していました。全体的に、本明細書に記載されている子豚または雌豚のワクチン接種プログラムは、ほとんどの場合、保育園の子豚に永続的な保護を誘導することができませんでした。ワクチン製剤の改良や最適化されたプログラムが必要とされるかもしれません。

is one of the most important bacterial pathogens in weaned piglets and responsible for serious economic losses to the swine industry. Currently, mostly autogenous vaccines composed of killed bacteria (bacterins) are available. However, immunological and protective data from field studies are missing. We report for the first time a comparative field study on the immunological response induced by an autogenous vaccine applied to either piglets or sows in a farm with recurrent problems. (I) Piglets from non-vaccinated sows received an autogenous bacterin during the first week and at three weeks of age. (II) Sows received the vaccine at five and three weeks pre-farrowing and piglets were non-vaccinated. Levels, isotype profile and opsonophagocytosis capacity of the serum antibodies induced by vaccination were evaluated. Vaccination of piglets failed to induce an active immune response. Vaccination of sows induced a significant increase in anti- antibodies, mainly composed of IgG1. However, isotype switching was modulated by the serotype included in the vaccine formulation. Despite this antibody increase in vaccinated sows, transfer of maternal immunity to piglets was not different from the control group (i.e., piglets from non-vaccinated sows). Notably, levels of maternal antibodies in piglets were already very high with marked opsonophagocytosis capacity at one week of age, independently of the vaccination program. However, their levels decreased by three weeks of age, indicating possible absence of antibodies in the post-weaning high-risk period. These observations correlated with lack of clinical protection in the farm. Overall, a piglet or a sow vaccination program herein mostly failed to induce lasting protection in nursery piglets. An improvement of vaccine formulation or an optimized program may be required.