国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

COVID-19期間中の日常生活の浮き沈み。影響、ストレス、ポジティブイベントの年齢差 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Gerontol B Psychol Sci Soc Sci.2020 Jul;gbaa096. doi: 10.1093/geronb/gbaa096.Epub 2020-07-17.

COVID-19期間中の日常生活の浮き沈み。影響、ストレス、ポジティブイベントの年齢差

The ups and downs of daily life during COVID-19: Age differences in affect, stress, and positive events.

  • Patrick Klaiber
  • Jin H Wen
  • Anita DeLongis
  • Nancy L Sin
PMID: 32674138 DOI: 10.1093/geronb/gbaa096.

抄録

目的:

これまでの研究では、年齢が高いほど情緒的幸福度が高く、ストレス因子への反応性が低下することと関連しているが、情緒的幸福度における年齢関連の優位性がCOVID-19発生後も維持されているかどうかは不明である。我々は、COVID-19発生後の最初の数週間における日常的なストレス因子やポジティブな出来事への曝露と情緒的反応性の年齢差を調査した。

OBJECTIVE: Past research has linked older age with greater emotional well-being and decreased reactivity to stressors, but it is unknown whether age-related advantages in emotional well-being are maintained in the wake of COVID-19. We examined age differences in exposure and affective reactivity to daily stressors and positive events in the first several weeks of the COVID-19 outbreak.

方法:

2020年3月と4月に、カナダと米国の18~91歳(平均年齢45歳)の成人776人を対象に、ベースライン時にCOVID-19の脅威を報告し、その後1週間毎晩、日々のストレッサー、ポジティブな出来事、影響についての調査を行った。

METHOD: In March and April 2020, 776 adults from Canada and the U.S. ages 18-91 (mean age 45) reported COVID-19 threats at baseline, then completed nightly surveys for one week about their daily stressors, positive events, and affect.

結果:

若年者では、ポジティブな感情の低下、ネガティブな感情の上昇、ポジティブな出来事の頻度の低下に加えて、複数の領域でCOVID-19の脅威に対する懸念が高いことが予測された。若年成人では、COVID-19以外の日常的なストレス因子が多く、ストレス因子に対する知覚的コントロールが高かったが、高年齢成人よりも知覚的対処効果が低かった。COVID-19の日常的ストレス因子の頻度および知覚されたストレッサーの重症度には年齢差はなかった。若年成人では、ポジティブな出来事が多く発生した日のネガティブな感情の減少幅が大きく、COVID-19以外のストレス因子が発生した日のネガティブな感情の増加幅が大きかった。COVID-19ストレス因子に対する否定的感情反応性については、年齢による中和は減衰していた。日常的な出来事に対する肯定的な情動反応は年齢によって中和されなかった。

RESULTS: Younger age predicted more concerns about the threat of COVID-19 across multiple domains, in addition to lower positive affect, higher negative affect, and less frequent positive events. Younger adults had more non-COVID-19 daily stressors and higher perceived control over stressors, but lower perceived coping efficacy than older adults. There were no age differences in the frequency of COVID-19 daily stressors nor perceived stressor severity. Younger adults had greater reductions in negative affect on days when more positive events occurred and greater increases in negative affect on days when non-COVID-19 stressors occurred. Age moderation was attenuated for negative affective reactivity to COVID-19 stressors. Age did not moderate positive affective reactivity to daily events.

DISCUSSION:

パンデミックの初期の数週間では、高齢者は情緒的な幸福度が高く、ストレス因子に対する反応性が低かったが、COVID-19ストレス因子への曝露に関しては若年成人と差はなかった。さらに、若年成人はポジティブな出来事からより多くの恩恵を受けていた。

DISCUSSION: In the early weeks of the pandemic, older adults showed better emotional well-being and less reactivity to stressors but did not differ from younger adults in their exposure to COVID-19 stressors. Additionally, younger adults benefited more from positive events.

© The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press on behalf of The Gerontological Society of America. All rights reserved. For permissions, please e-mail: journals.permissions@oup.com.