国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

口唇感染症の診断と治療 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Oral Maxillofac. Surg..2020 Jun;S0278-2391(20)30668-6. doi: 10.1016/j.joms.2020.06.025.Epub 2020-06-20.

口唇感染症の診断と治療

Diagnosis and Treatment of Lip Infections.

  • Dina Amin
  • Sruthi Satishchandran
  • Stephanie Drew
  • Shelly Abramowicz
PMID: 32673574 DOI: 10.1016/j.joms.2020.06.025.

抄録

目的:

黄色ブドウ球菌は、皮膚を自然にコロニー化するグラム陽性の好気性嫌気性の球菌です。黄色ブドウ球菌は、侵入の場所、侵入の深さ、および免疫状態に応じて、軽度から重度の感染を引き起こす可能性がある。口唇感染症患者の治療に関するガイドラインは乏しい。本研究の目的は、黄色ブドウ球菌による口唇感染症患者のコホートの診断、管理、転帰を提示することであった。

PURPOSE: Staphylococcus aureus is a gram-positive, facultative anaerobic, cocci bacterium that naturally colonizes the skin. S aureus can cause a mild to severe infection depending on the location, depth of invasion, and immune status. Guidelines regarding treatment of patients with lip infections are scant. The purpose of this study was to present the diagnosis, management, and outcome of a cohort of patients with lip infections caused by S aureus.

材料および方法:

本研究は、エモリー口腔顎顔面外科サービス(ジョージア州アトランタ)で治療を受けた黄色ブドウ球菌による口唇感染症患者を対象としたレトロスペクティブコホート研究である。予測変数は、患者の人口統計学的特徴、臨床症状、検査所見、画像特性、介入、入院期間であった。転帰変数は感染症の消失または持続であった。データは標準化された収集票を用いて収集した。記述統計量を算出した。

MATERIALS AND METHODS: This was a retrospective cohort study of patients with a lip infection caused by S aureus treated by Emory Oral and Maxillofacial Surgery Service (Atlanta, GA). Predictor variables were patient demographic characteristics, clinical presentation, laboratory findings, imaging characteristics, intervention, and length of stay. The outcome variable was infection resolution or persistence. Data were collected using a standardized collection form. Descriptive statistics were computed.

結果:

口唇の腫れを有する7人の患者(平均年齢38歳)が包含基準を満たした。患者は最近の入院および/または最近の手術を受けていなかった。患者は免疫不全ウイルスまたは他の医学的併存疾患を有していた。放射線画像所見は膿瘍形成と一致していた。治療は抗生物質のみ、または抗生物質による外科的介入であった。口唇培養ではメチシリン感受性または耐性の黄色ブドウ球菌が検出された.治療は抗生物質の静脈内投与と経口投与であった。平均在院日数は4日であった。術後の合併症はなかった。口唇感染症はすべて臨床的に完全に治癒した。

RESULTS: Seven patients (mean age, 38 years) with lip swelling met the inclusion criteria. The patients did not undergo recent hospitalization and/or recent surgery. Patients had immunodeficiency virus or other medical comorbidities. Radiographic findings were consistent with abscess formation. Management consisted of antibiotics only or surgical intervention with antibiotics. Lip cultures showed S aureus with methicillin-sensitive or -resistant S aureus. Treatment was intravenous followed by oral antibiotics. The average length of inpatient stay was 4 days. There were no postoperative complications. All lip infections achieved complete clinical resolution.

結論:

このコホートでは、黄色ブドウ球菌による唇の腫れの治療には外科的介入および/または抗生物質の投与が必要であった。同じような症状の患者では、免疫不全と抗生物質耐性を考慮すべきである。

CONCLUSIONS: In this cohort, treatment of lip swelling caused by S aureus required surgical intervention and/or antibiotics. Immune compromise and antibiotic resistance should be considered in a patient with a similar presentation.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.