会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

公衆衛生臨床医のサンプルにおける研究倫理ガイドラインの実際の知識と認識 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Intern Med J.2020 Jul;doi: 10.1111/imj.14984.Epub 2020-07-16.

公衆衛生臨床医のサンプルにおける研究倫理ガイドラインの実際の知識と認識

Actual and perceived knowledge of research ethics guidelines in a sample of public health clinicians.

  • Donna M Rouse
  • Anna Tynan
PMID: 32673438 DOI: 10.1111/imj.14984.

抄録

背景:

臨床医による研究の実施は、エビデンスに基づいた実践を維持し、臨床医の知識を定着させるために不可欠である。しかし、有効な研究を実施できるかどうかは、研究者の居住地で適用される研究倫理ガイドラインの知識など、いくつかの要因に左右される。

BACKGROUND: The conduct of research by clinicians is vital to maintain evidence-based practice and currency of clinician knowledge. However, the ability to conduct valid research is contingent upon several factors including the knowledge of research ethics guidelines applicable within the researcher's location.

AIMS:

公衆衛生サービスの臨床医のサンプルにおける研究倫理ガイドラインに関する実際の知識と認識されている知識を比較すること。

AIMS: To compare the actual and perceived knowledge of research ethics guidelines in a sample of health care clinicians in a public health service.

方法:

匿名のオンライン調査を利用したプロスペクティブ・クロスセクショナル・デザイン。

METHODS: A prospective cross-sectional design utilising an anonymous online survey.

結果:

432人の有効回答のうち、8%は知覚知識と実際の知識について完全によくキャリブレーションされていた。さらに9%はすべての項目で完全に誤測定されていた。残りの83%の回答者は、1~4の項目で様々な誤測定をしていた。誤測定された回答者の大半は過信を表していた。

RESULTS: Of the 432 valid responses, 8% were totally well-calibrated on perceived and actual knowledge. A further 9% were totally mis-calibrated on all items. The remaining 83% of respondents were variously mis-calibrated on 1 to 4 items. The majority of mis-calibrated responses represented overconfidence.

結論:

臨床医は研究倫理について思っているほど知識がない。このことは、この集団内の助けを求める行動に意味を持ち、研究支援と教育の提供における利害関係者の課題を浮き彫りにした。この記事は著作権により保護されています。本論文は著作権により保護されています。

CONCLUSIONS: Clinicians are not as knowledgeable as they think about research ethics. This has implications for help-seeking behaviours within this population and highlights challenges for stakeholders in the provision of research support and education. This article is protected by copyright. All rights reserved.

This article is protected by copyright. All rights reserved.