国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

COVID-19パンデミック期間中の成人における布製フェイスカバー使用と関連する要因-米国、2020年4月および5月 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
MMWR Morb. Mortal. Wkly. Rep..2020 Jul;69(28):933-937. doi: 10.15585/mmwr.mm6928e3.Epub 2020-07-17.

COVID-19パンデミック期間中の成人における布製フェイスカバー使用と関連する要因-米国、2020年4月および5月

Factors Associated with Cloth Face Covering Use Among Adults During the COVID-19 Pandemic - United States, April and May 2020.

  • Kiva A Fisher
  • John P Barile
  • Rebecca J Guerin
  • Kayla L Vanden Esschert
  • Alexiss Jeffers
  • Lin H Tian
  • Amanda Garcia-Williams
  • Brian Gurbaxani
  • William W Thompson
  • Christine E Prue
PMID: 32673303 DOI: 10.15585/mmwr.mm6928e3.

抄録

2020年4月3日、ホワイトハウスのコロナウイルスタスクフォースとCDCは、公共の場での外出時に布製のフェイスカバーの使用を奨励することで、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の蔓延を遅らせるための新たな行動推奨を発表しました(1)。布製フェイスカバーの普及は米国の人口では調査されていないため、この行動を採用するよう一般の人々に奨励することについてはほとんど知られていません。この勧告の直後、4月7日から9日の間に503人の成人を対象にインターネット調査を実施し、布製フェイスカバーの使用状況と、この勧告の遵守に影響を与える可能性のある行動および社会統計学的要因を評価しました。1ヵ月後の5月11~13日には、別の成人502人のサンプルに同じ調査を実施し、4月から5月にかけての布製フェイスカバーの使用の有病率の推定値の変化を評価しました。布製フェイスカバーの使用に関する最初の国の勧告が発表されてから数日以内に、前の週に家を出たと報告した人の過半数が布製フェイスカバーを使用したと報告しました(61.9%)。使用率は1ヶ月後に76.4%に増加し、主に非ヒスパニック系白人(54.3%→75.1%)、65歳以上(36.6%→79.2%)、中西部在住者(43.7%→73.8%)の使用率が増加しています。ヒスパニック系以外の黒人(74.4%~82.3%)、ヒスパニックまたはラテン系(77.3%~76.2%)、その他の人種のヒスパニック系以外の人(70.8%~77.3%)、18~29歳(70.1%~74.9%)、30~39歳(73.9%~84.4%)、北東部在住者(76.9%~87.0%)で高い率が4月に観察され、5月になるとさらに増加した。布製フェイスカバーの使用は、布製フェイスカバーに対する好意的な態度、布製フェイスカバーを使用する意図、布製フェイスカバーを使用する能力、布製フェイスカバーを使用するための社会的支持、布製フェイスカバーが自己、他者、地域社会を保護するという信念を示す理論に基づく構成要素と関連していた。布製のフェイスカバーを使用する際に起こりうる障壁を理解し、この行動をまだ採用していない人々の間で布製のフェイスカバーの一貫した正しい使用を促進する方法を理解するための研究が必要とされている。

On April 3, 2020, the White House Coronavirus Task Force and CDC announced a new behavioral recommendation to help slow the spread of coronavirus disease 2019 (COVID-19) by encouraging the use of a cloth face covering when out in public (1). Widespread use of cloth face coverings has not been studied among the U.S. population, and therefore, little is known about encouraging the public to adopt this behavior. Immediately following the recommendation, an Internet survey sampled 503 adults during April 7-9 to assess their use of cloth face coverings and the behavioral and sociodemographic factors that might influence adherence to this recommendation. The same survey was administered 1 month later, during May 11-13, to another sample of 502 adults to assess changes in the prevalence estimates of use of cloth face coverings from April to May. Within days of the release of the first national recommendation for use of cloth face coverings, a majority of persons who reported leaving their home in the previous week reported using a cloth face covering (61.9%). Prevalence of use increased to 76.4% 1 month later, primarily associated with increases in use among non-Hispanic white persons (54.3% to 75.1%), persons aged ≥65 years (36.6% to 79.2%), and persons residing in the Midwest (43.7% to 73.8%). High rates were observed in April and by May, increased further among non-Hispanic black persons (74.4% to 82.3%), Hispanic or Latino persons (77.3% to 76.2%), non-Hispanic persons of other race (70.8% to 77.3%), persons aged 18-29 years (70.1% to 74.9%) and 30-39 years (73.9% to 84.4%), and persons residing in the Northeast (76.9% to 87.0%). The use of a cloth face covering was associated with theory-derived constructs that indicate a favorable attitude toward them, intention to use them, ability to use them, social support for using them, and beliefs that they offered protection for self, others, and the community. Research is needed to understand possible barriers to using cloth face coverings and ways to promote their consistent and correct use among those who have yet to adopt this behavior.