国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

統合された電子カルテは、より安全で効率的な農村部アウトリーチ血液内科サービスを促進します | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Intern Med J.2020 Jul;doi: 10.1111/imj.14973.Epub 2020-07-16.

統合された電子カルテは、より安全で効率的な農村部アウトリーチ血液内科サービスを促進します

An integrated electronic health record facilitates a safer and more efficient rural outreach haematology service.

  • Helen Cashman
  • Eleni Mayson
  • David Kliman
  • Janet Kesby
  • Jennifer Bell
  • Sue Vachalec
  • Barbara Withers
  • Orly Lavee
  • Sam Milliken
  • John Moore
  • Nada Hamad
PMID: 32672878 DOI: 10.1111/imj.14973.

抄録

背景:

オーストラリアの農村部のがん患者は、大都市部の患者に比べて死亡率が低いことが知られているが、これはおそらく適切な医療サービスや治療法へのアクセスに関係していると思われる。電子システムは化学療法の投与の安全性を向上させ、患者情報やデータ収集に簡単にアクセスできるようにする。

BACKGROUND: Rural Australian oncology patients are known to have inferior mortality rates compared to metropolitan patients, possibly related to access to appropriate healthcare services and treatments. Electronic systems improve the safety of chemotherapy administration and allow easily accessible patient information and data collection.

エイム:

都立病院と農村部のアウトリーチ血液内科クリニックの電子医療提供システムを統合し、合理化された安全な外来診療を促進する。

AIM: To integrate the electronic healthcare delivery systems at a metropolitan hospital and a rural outreach haematology clinic to facilitate streamlined and safe outpatient care.

方法:

セントビンセント病院で利用されているMOSAIQ v2.64(Elekta)システムが、連携した農村部のアウトリーチ血液内科クリニックに導入されました。すべての患者情報を含む2つの別々の総合診療管理システムが1つに統合され、両サイトからアクセスできるようになりました。

METHOD: The MOSAIQ v2.64(Elekta) system utilized at St Vincent's Hospital was introduced at a linked rural outreach haematology clinic. The two separate comprehensive practice management systems incorporating all patient information were consolidated into one, becoming accessible from both sites.

結果:

電子システムは2017年10月に2つのサイト間の統合に成功しました。グリフィスサイトでの電子化学療法の処方は、現在、内蔵された薬剤師がレビューしたプロトコルによって導かれるようになったため、遠隔処方の安全性と柔軟性が向上しました。集中化されたEHRは、文書化と管理の継続性を高め、2つの病院間での患者の移行時のケアを合理化しました。導入以来、診療所の総患者数と予約数の増加が実証されており、COVID-19のパンデミックの間も維持されています。

RESULTS: The electronic systems were successfully integrated between the two sites in October 2017. Electronic chemotherapy prescribing at the Griffith site is now guided by inbuilt, pharmacist-reviewed protocols thereby improving the safety and flexibility of remote prescribing. The centralised EHR has improved streamlined care during patient transitions between the two hospitals with enhanced continuity of documentation and management. Increases in total clinic patients and appointment numbers are demonstrable since implementation, and sustained during the COVID-19 pandemic.

結論:

我々の研究は、大都市圏のサービスと農村部のアウトリーチ病院診療所の間で共有されている血液内科の設定において、集中型電子カルテと化学療法処方システムの導入に成功した新しい例を提供している。これは、オーストラリアの農村部のすべてのリンクされた診療所に適用される農村部での医療提供の安全性と効率性にプラスの意味を持つだけでなく、将来のサービスの計画を支援するためのデータ収集を可能にします。この記事は著作権で保護されています。本論文の著作権は著作権により保護されています。

CONCLUSION: Our study provides a novel example of the successful implementation of a centralised electronic healthcare record and chemotherapy prescribing system in a haematology setting shared between a metropolitan service and a rural outreach hospital clinic. This has positive implications for the safety and efficiency of healthcare delivery at the rural site applicable to all linked rural Australian clinics, as well as allowing data collection to assist future planning of the service. This article is protected by copyright. All rights reserved.

This article is protected by copyright. All rights reserved.