国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

内視鏡下鎮静のためのMACの使用に関する医学的、政治的、経済的考察。価格は高くても正当化は難しい? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dig. Dis. Sci..2020 Jul;10.1007/s10620-020-06464-3. doi: 10.1007/s10620-020-06464-3.Epub 2020-07-16.

内視鏡下鎮静のためのMACの使用に関する医学的、政治的、経済的考察。価格は高くても正当化は難しい?

Medical, Political, and Economic Considerations for the Use of MAC for Endoscopic Sedation: Big Price, Little Justification?

  • Basavana Goudra
  • Preet Mohinder Singh
  • Gary R Lichtenstein
PMID: 32671589 PMCID: PMC7363687. DOI: 10.1007/s10620-020-06464-3.

抄録

ここ数十年の消化管(GI)内視鏡検査は驚異的な成長を遂げてきました。多くの面で、消化器内視鏡検査は非外科的介入医療の分野をリードしてきました。多くの面で、この成長は鎮静法の進歩(薬剤と技術の両方)によって促進されています。残念なことに、GI内視鏡検査の鎮静法の話題はまた、主に麻酔提供者のコストに起因する多くの論争に巻き込まれています。先進的な内視鏡手術の大部分では、誰もその役割を論じる人はいないが、米国では麻酔科医が提供する普遍的なプロポフォール鎮静法が行われていることは、より詳細に検討する必要がある。このレビューでは、この重要なトピックについて、医学的、政治的、経済的な考察を非常に率直で正直な方法で論じている。このようなユビキタスプロポフォールの使用は、患者と胃腸科医の双方の満足度を高めているが、正当性はほとんどない。さらに重要なのは、エビデンスによると、そのような配信のために使用することが義務付けられている麻酔プロバイダのための正当化がさらに少ないです。残念ながら、FDAはそうでなければ納得することができませんでした。新薬のフォスプロポフォールも同じ運命をたどった。最初のコンピュータ支援型個別化鎮静システムであるSEDASYSの承認は、正しい方向への一歩でしたが、それにもかかわらず、不十分なステップであったために離陸には至りませんでした。その結果、多くの権威ある学会の長年の研究と努力にもかかわらず、プロポフォール鎮静法のコストと正当性のバランスをとるという行き詰まりが続いている。最近、新しいベンゾジアゼピンであるremimazolamが承認され、新しい短時間作用型オピオイドであるオリセリジンが承認される可能性があることで、鎮静の質を落とすことなくコストを抑えることができるかもしれないと期待している。

The last few decades of gastrointestinal (GI) endoscopy have seen phenomenal growth. In many aspects, GI endoscopy has led the field of nonsurgical interventional medicine. In many aspects, this growth is facilitated by advancements in sedation-both drugs and techniques. Unfortunately, the topic of GI endoscopy sedation is also mired in many controversies, mainly emanating from the cost of anesthesia providers. While no one debates their role in the majority of advanced endoscopic procedures, the practice of universal propofol sedation in the USA, delivered by anesthesia providers, needs a closer look. In this review, medical, political, and economic considerations of this important topic are discussed in a very frank and honest way. While such ubiquitous propofol use has increased satisfaction of both patients and gastroenterologists, there is little justification. More importantly, going by the evidence, there is even less justification for the mandated anesthesia providers use for such delivery. Unfortunately, the FDA could not be convinced otherwise. The new drug fospropofol met the same fate. Approval of SEDASYS, the first computer-assisted personalized sedation system, was a step in the right direction, nevertheless an insufficient step that failed to takeoff. As a result, in spite of years of research and efforts of many august societies, the logjam of balancing cost and justification of propofol sedation has continued. We hope that recent approval of remimazolam, a novel benzodiazepine, and potential approval of oliceridine, a novel short-acting opioid, might be able to contain the cost without compromising the quality of sedation.