会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けた再発・転移性頭頸部扁平上皮癌患者における高進行性疾患とその臨床的影響。韓国がん研究グループHN 18-12 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Cancer Res. Clin. Oncol..2020 Jul;10.1007/s00432-020-03316-5. doi: 10.1007/s00432-020-03316-5.Epub 2020-07-15.

免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けた再発・転移性頭頸部扁平上皮癌患者における高進行性疾患とその臨床的影響。韓国がん研究グループHN 18-12

Hyperprogressive disease and its clinical impact in patients with recurrent and/or metastatic head and neck squamous cell carcinoma treated with immune-checkpoint inhibitors: Korean cancer study group HN 18-12.

  • Jihyun Park
  • Sang Hoon Chun
  • Yun-Gyoo Lee
  • Hyun Chang
  • Keun-Wook Lee
  • Hye Ryun Kim
  • Seong Hoon Shin
  • Ho Jung An
  • Kyoung Eun Lee
  • In Gyu Hwang
  • Myung-Ju Ahn
  • Sung-Bae Kim
  • Bhumsuk Keam
PMID: 32671504 DOI: 10.1007/s00432-020-03316-5.

抄録

目的:

免疫チェックポイント阻害薬(ICI)は、再発・転移性頭頸部扁平上皮癌(R/M-HNSCC)の治療選択肢として浮上してきているが、ICI治療中に腫瘍の成長が著しく加速することが懸念されており、これは高進行性疾患(HPD)と呼ばれている。本研究では、R/M-HNSCCにおけるHPDの発生率、潜在的な予測因子、臨床的影響について検討した。

PURPOSE: Although immune-checkpoint inhibitors (ICIs) have emerged as therapeutic options for recurrent and/or metastatic head and neck squamous cell carcinoma (R/M-HNSCC), concerns have been raised on exceptional acceleration of tumor growth during treatment with ICIs, a condition described as hyperprogressive disease (HPD). This study examined the incidence, potential predictors, and clinical impact of HPD in R/M-HNSCC.

方法:

2013年1月から2018年6月までの間にICIで治療を受けたR/M-HNSCC患者のデータを韓国の11医療センターからレトロスペクティブに収集した。HPDは、ICI投与時のTGKとICI投与前のTGKを比較して算出した腫瘍成長動態比(TGKr)>2と定義した。

METHODS: We retrospectively collected data of patients with R/M-HNSCC treated with ICIs between January 2013 and June 2018 from 11 medical centers in Korea. HPD was defined as tumor growth kinetics ratio (TGKr) > 2, which was calculated by comparing TGK on ICIs with that before treatment with ICIs.

結果:

125例中、68例(54.4%)が最高の奏効率で進行性疾患を獲得した(プログレッサー)。HPDは18例(進行例の26.5%、全体の14.4%)に認められた。多変量解析では、年齢が比較的若く、口腔内の原発性腫瘍、局所領域の照射歴がHPDの有意な予測因子であった(それぞれp=0.040、0.027、0.015)。HPDのない患者と比較して、HPD患者は無増悪生存期間(PFS)中央値(1.2 vs. 3.4months、p<0.001)および全生存期間(OS)(3.4 vs. 10.7months、p=0.047)が有意に短かった。しかし、興味深いことに、HPDはICI後の化学療法の治療効果に有意な影響を与えなかった。

RESULTS: Of 125 patients, 68 (54.4%) obtained progressive disease as their best responses (progressors). HPD was identified in 18 (26.5% of progressors, 14.4% of total) patients. Relatively younger age, primary tumor of oral cavity, and previous locoregional irradiation were significant predictors of HPD according to multivariable analysis (p = 0.040, 0.027, and 0.015, respectively). Compared to patients without HPD, patients with HPD had significantly shorter median progression-free survival (PFS) (1.2 vs. 3.4 months, p < 0.001) and overall survival (OS) (3.4 vs. 10.7 months, p = 0.047). However, interestingly, HPD did not significantly affect the therapeutic benefit of post-ICIs chemotherapy.

結論:

口腔癌の若年者や局所局所放射線治療の前歴のある患者は、ICI治療を受けたR/M-HNSCC患者のHPDの潜在的なリスクグループと見なされる可能性がある。HPDは一貫してより悪い生存成績を予測する可能性があるが、ICIでHPDを経験した患者をその後のサルベージ化学療法から除外すべきではない。

CONCLUSIONS: Younger patients with oral cavity cancer or prior treatment with locoregional radiotherapy could be regarded potential risk groups for HPD in patients with R/M-HNSCC treated with ICIs. Although HPD could consistently predict poorer survival outcomes, patients who experienced HPD with ICIs should not be excluded from the subsequent salvage chemotherapy treatments.