国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

思春期精神科集団における精神疾患の罹患率、身体合併症、薬物使用 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur Child Adolesc Psychiatry.2020 Jul;10.1007/s00787-020-01602-8. doi: 10.1007/s00787-020-01602-8.Epub 2020-07-15.

思春期精神科集団における精神疾患の罹患率、身体合併症、薬物使用

Psychiatric morbidity, somatic comorbidity and substance use in an adolescent psychiatric population at 3-year follow-up.

  • Kari Skulstad Gårdvik
  • Marite Rygg
  • Terje Torgersen
  • Stian Lydersen
  • Marit Sæbø Indredavik
PMID: 32671493 DOI: 10.1007/s00787-020-01602-8.

抄録

思春期における精神疾患の経過についての知見は乏しい。我々は、思春期から青年期にかけての精神科臨床コホートを対象に、精神疾患、身体障害、疼痛、物質使用の頻度の変化を評価することを目的とした。この研究は、ノルウェーのセント・オラフス病院小児青少年科の健康調査の一環である。13-18歳の717人(対象者の43.5%)が2009-2011年の初回調査(T)に参加し、549人が3年後に電話面接(T)で再評価を受け、464人が両時点で診断評価を受けた。データは以下の通りであった。ICD-10診断(T)、DSM-IV診断(T)、自己申告による疼痛および物質使用(TおよびT)。精神疾患の全体的な割合は減少した(T対T:94.8%対72.2%、p<0.001);一方で、不安障害の割合の増加は女児で顕著であった(37.5%対55.9%、p<0.001)。001)、それに伴う精神疾患の併存率の上昇(14.1%対42.6%、p<0.001)、身体疾患の併存率(9.4%対19.5%、p=0.001)、慢性疼痛(31.6%対49.4%、p<0.001)、喫煙、アルコールの使用、違法薬物の試みの頻度が高くなっていました。慢性疼痛、喫煙、違法薬物の試みは、精神疾患の持続と関連しており、女子で最もリスクの差が大きかった(RD=25.4%、p=0.002、RD=15.6%、p=0.008、RD=18.0%、p=0.001)。思春期の4人に3人は3年後も精神疾患を抱えていた。男子とは異なり、女子では不安障害と併存疾患の割合が増加していた。慢性的な痛み、喫煙、違法薬物の試みは、精神疾患の持続と関連していた。方法論的には限界があるにもかかわらず、これらの所見は、精神疾患を持つ思春期の青少年への早期の的を絞った介入の重要性を強調している。

Knowledge is scarce on the course of psychiatric disorders in adolescence. We aimed to assess changes in the frequency of psychiatric disorders, somatic disorders, pain, and substance use in a clinical psychiatric cohort from adolescence to young adulthood. This study is part of the Health Survey in Department of Children and Youth, St. Olavs Hospital, Norway. At age 13-18 years, 717 (43.5% of eligible) participated in the first study visit (T) in 2009-2011, 549 were reassessed 3 years later with telephone interview (T), and 464 had diagnostic evaluation at both time points. Data included: ICD-10 diagnoses (T), DSM-IV diagnoses (T), self-reported pain and substance use (T and T). The overall rate of psychiatric disorders decreased (T vs. T: 94.8% vs. 72.2%, p < 0.001); while, an increased rate of anxiety disorders was marked among girls (37.5% vs. 55.9%, p < 0.001), with accompanying raised frequencies of psychiatric comorbidity (14.1% vs. 42.6%, p < 0.001), somatic comorbidity (9.4% vs. 19.5%, p = 0.001), chronic pain (31.6% vs. 49.4%, p < 0.001), smoking, alcohol use and trying illicit drugs. Chronic pain, smoking and trying illicit drugs were associated with persisting psychiatric disorders, with highest risk differences for girls (RD = 25.4%, p = 0.002, RD = 15.6%, p = 0.008, RD = 18.0%, p = 0.001, respectively). Three out of four adolescents still had a psychiatric disorder after 3 years. Unlike boys, girls had an increasing rate of anxiety disorders and comorbidities. Chronic pain, smoking and trying illicit drugs were associated with persisting psychiatric disorders. Despite methodological limitations, these findings emphasize the importance of early targeted intervention for adolescents with psychiatric disorders.