会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

T1肛門癌の局所切除術後の成績-システマティックレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Colorectal Dis.2020 Jul;10.1007/s00384-020-03687-8. doi: 10.1007/s00384-020-03687-8.Epub 2020-07-15.

T1肛門癌の局所切除術後の成績-システマティックレビュー

Outcome following local excision of T1 anal cancers-a systematic review.

  • T B Pedersen
  • J Kildsig
  • E Serup-Hansen
  • P Gocht-Jensen
  • M F Klein
PMID: 32671458 DOI: 10.1007/s00384-020-03687-8.

抄録

目的:

ほとんどの場合、肛門扁平上皮がん(SCCA)は化学放射線療法で括約筋機能を温存し、長期生存率が高く再発率が低い治療法である。しかしながら、化学放射線療法にはいくつかの副作用がある:排尿障害、インポテンツ、便失禁、疼痛、および皮膚症状。転移のない小型/T1腫瘍は局所切除のみで治療が可能である。我々は、T1 SCCAの局所切除後の転帰に関する文献を系統的にレビューすることを目的とした。

PURPOSE: In most cases, squamous cell carcinoma of the anus (SCCA) is treated with chemo-radiotherapy preserving sphincter function and offering good long-term survival and low recurrence rates. However, chemo-radiotherapy has several side effects: dyspareunia, impotence, fecal incontinence, pain, and skin symptoms. Small/T1 tumors, without metastatic disease, can be treated with local excision alone. We aimed to systematically review the literature regarding outcome following local excision of T1 SCCA.

方法:

SCCAの局所切除後の転帰を調査した研究については、PubMedおよびEmbaseデータベースを検索した。

METHODS: PubMed and Embase databases were searched for studies that investigated outcome following local excision of SCCA.

結果:

23件の研究が含まれていた。そのうち20件はレトロスペクティブで、3件は100人以上の患者を含む研究であった。ほとんどの研究は1980年代以前に発表されたものである。全体的に、患者の人口統計学、切除切除縁、腫瘍位置の定義、および転帰を比較すると、含まれた研究間で大きな不均一性と欠落データがあった。局所切除後の5年生存率は69%(95%CI 66-72)であった。全5年再発は局所切除後37%(95%CI 30-45)であった。局所切除術後の合併症は報告されなかった。

RESULTS: Twenty-three studies were included. Twenty of the studies were retrospective, and three studies included more than 100 patients. Most of the studies were published before the 1980s. Overall there was great heterogeneity and missing data across the included studies when comparing patient demographics, resection margins, definitions on tumor location, and outcome. Overall 5-year survival was 69% (95% CI 66-72) following local excision. Overall 5-year recurrence was 37% (95% CI 30-45) following local excision. No complications were reported following local excision.

結論:

T1肛門癌の局所切除後の転帰に関する現在の文献は、小規模でレトロスペクティブな異種研究が主である。全5年生存率は許容範囲内であるが、化学放射線療法よりは悪い。しかし、局所切除では軽度の合併症はないか、あるいはほとんどないようである。再発率は高い。したがって、T1 SCCAの一次治療として局所切除術を行う場合には、徹底したフォローアップが必要である。さらなる研究の必要性は明らかである。

CONCLUSION: The current literature on outcome following local excision of T1 anal cancers consists predominantly of smaller, retrospective, and heterogenous studies. Overall 5-year survival is acceptable, but worse than following chemo-radiation therapy. However, local excision seems to have no or only few minor complications. Recurrence rates are high. Therefore, a thorough follow-up program is needed when performing local excision as primary treatment for T1 SCCA. There is an evident need for further studies.