国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

屋内外気温度分析のための詳細な3Dモバイルモニタリングシステムとビルオートメーションシステムから収集された使用中の第三次ビルのデータセット | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Data Brief.2020 Aug;31:105907. S2352-3409(20)30801-5. doi: 10.1016/j.dib.2020.105907.Epub 2020-06-23.

屋内外気温度分析のための詳細な3Dモバイルモニタリングシステムとビルオートメーションシステムから収集された使用中の第三次ビルのデータセット

Dataset of an in-use tertiary building collected from a detailed 3D mobile monitoring system and building automation system for indoor and outdoor air temperature analysis.

  • Catalina Giraldo-Soto
  • Aitor Ekoreka
  • Ander Barragan
  • Laurent Mora
PMID: 32671143 PMCID: PMC7341348. DOI: 10.1016/j.dib.2020.105907.

抄録

モバイルモニタリングシステム(MMS)は、高いセンサー精度を持つ技術の使用と、レイオア(ビルバオ)にある第三次使用ビルの異なる枢軸位置、流通スペース、ボリューム、異なる高さに簡単かつ迅速に設置できる能力を考慮して設計されています。2種類のMMSは、グローバルな室内空気温度の不確実性分析を目的としたものと、グローバルな外気温度の不確実性分析を目的としたものの2種類の分析を行うことを目的として設計されています。内部のMMSは8つの三脚で構成され、高さの異なる20個のセンサーが設置されており、ビル内の異なるオフィスに設置され、高さや場所の異なる室内空気温度測定値を収集しています。また、外構MMSでは、8つのセンサーで建物外周の外気温度を測定し、データを収集しています。これらのMMSは、第三次ビルの既存のビルオートメーションシステム(BAS)に統合されており、BASで収集された他のデータも室内外気温度の不確実性分析のために考慮されています。屋内外のMMSデータセットは、厳格なデータ収集プロセスに基づいて編集されており、日射、暖房システム、電気エネルギー消費の影響を考慮に入れた空間的な空気温度の挙動を研究するためにデータを使用する可能性があります。さらに、使用中の建物の屋内外気温測定のグローバルな不確かさを推定し、センサーの精度、垂直および水平温度の変動、日射量、占有率、暖房システムの影響など、さまざまな不確かさの原因に分解することができます。最後に、BAS、暖房、HVACシステムのモニタリングと制御システムの最適化を可能にし、室内および/または屋外の温度測定をキー変数として使用した研究試験で実装されたモニタリングシステムも可能にします。

A Mobile Monitoring System (MMS) has been designed taking into account the use of technology with high sensor accuracy and the ability to be installed easily and quickly in different cardinal locations, distribution spaces, volumes and at different heights of a tertiary in-use building located in Leioa (Bilbao). Two types of MMS have been designed with the objective of carrying out two types of analysis; one intended to do a global indoor air temperature uncertainty analysis and the other focused on doing a global outdoor air temperature uncertainty analysis. Eight tripods make up the interior MMS with twenty sensors at different heights, which have been installed in different offices in the building to collect indoor air temperature measurements at different heights and locations. In addition, eight sensors make up the exterior MMS to collect data from outdoor air temperature measurements around the building envelope. Both MMS have been integrated into the existing Building Automation System (BAS) of the tertiary building; some other data collected by the BAS has also been taken into account for the uncertainty analysis of indoor and outdoor air temperature. The interior and exterior MMS datasets have been compiled based on a rigorous data collection process, with the potential to use the data to study the spatial air temperature behavior, taking into account the impact of solar radiation, the heating system and the electrical energy consumption. Furthermore, it enables the global uncertainty of indoor and outdoor air temperature measurements on an in-use building to be estimated and to break it down into the different uncertainty sources, such as the sensor accuracy, vertical and horizontal temperature variability, solar radiation, occupancy and heating system effects. Finally, it enables the optimization of monitoring and control systems for BAS, heating and HVAC systems, as well as any monitoring system implemented in research tests using indoor and/or outdoor temperature measurements as key variables.

© 2020 The Author(s).