会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

レースのペーシングの早期シフトは、睡眠不足下でのシングル・エクササイズ・ウルトラマラソンにおける将来のパフォーマンスを予測することができる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sleep Sci.2020 Jan-Mar;13(1):25-31. doi: 10.5935/1984-0063.20190132.

レースのペーシングの早期シフトは、睡眠不足下でのシングル・エクササイズ・ウルトラマラソンにおける将来のパフォーマンスを予測することができる

Earlier shift in race pacing can predict future performance during a single-effort ultramarathon under sleep deprivation.

  • Allison J Brager
  • Sukru Demiral
  • John Choynowski
  • Jess Kim
  • Bill Campbell
  • Vincent F Capaldi
  • Guido Simonelli
  • Steve Hammer
PMID: 32670489 PMCID: PMC7347363. DOI: 10.5935/1984-0063.20190132.

抄録

目的:

私たちは、極度の睡眠不足とストレス下での人間の持久力を研究するために、シングル・エクストリーム・ウルトラマラソン(50マイルと100マイル)の研究キャンプを構築しました。最小限の睡眠で100マイルを走るには平均して24時間以上かかるので、24時間人間のパフォーマンスプロファイル(HPP)を構築することができます。

Objective: We constructed research camps at single-effort ultramarathons (50 and 100 miles) in order to study human endurance capabilities under extreme sleep loss and stress. It takes > 24h, on average, to run 100 miles on minimal sleep, allowing us to construct 24h human performance profiles (HPP).

研究方法:

我々は、時間(レーススプリット)と距離(脱落率、n=257)、自己申告による睡眠とトレーニングパターン(n=83)、および心血管フィットネス/全体的な睡眠不足と極度の運動/ストレスへの適応に関するエンドポイントデータ(n=127)をプロットしたパフォーマンスデータを収集しました。

Methods: We collected performance data plotted across time (race splits) and distance (dropout rates; n=257), self-reported sleep and training patterns (n=83), and endpoint data on cardiovascular fitness/adaptation to total sleep deprivation and extreme exercise/stress (n=127).

結果:

一般的に、100マイル走と50マイル走では、自己申告による仮眠の割合が高く、超耐久レースでは早寝早起きの人が優先的に選ばれる可能性があることがわかりました。また、コサイナーモデルを用いて、全ランナーの最初の50マイル完走時のHPPを比較し、振幅とアクロフェーズのパフォーマンスの違いを調べました。その結果、すべてのランナーが時間の経過とともにペースを落としていたにもかかわらず、100mのウルトラマラソンを完走したランナーは、完走していないランナーに比べてレースペースの先端相の変化が早かったことが示された。

Results: In general, we found that self-reported napping was higher for 100-miler versus 50-miler runners and that ultra-endurance racing may possibly pre-select for early morning risers. We also compared HPPs between the first 50 miles completed by all runners in order to examine amplitude and acrophase differences in performance using a cosinor model. We showed that even though all runners slowed down over time, runners who completed a 100-miler ultramarathon had an earlier acrophase shift in race pace compared to non-finishers.

議論:

最小限の睡眠での総合的なパフォーマンスに関する時間依存性の予測を確認することができ、ウルトラマラソン選手は、現実世界での睡眠と慢性生物学的関係を将来的に研究するためのユニークな人口集団であることを証明することができました。

Discussion: We were able to identify time-dependent predictions on overall performance under minimal sleep, warranting the ultramarathon athlete as a unique demographic for future study of sleep and chronobiological relationships in the real world.