国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

健康な成人における多剤耐性菌のコロニー化。有病率、危険因子、腸内細菌叢の構成 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Front Microbiol.2020;11:1402. doi: 10.3389/fmicb.2020.01402.Epub 2020-06-24.

健康な成人における多剤耐性菌のコロニー化。有病率、危険因子、腸内細菌叢の構成

Colonization With Multidrug-Resistant Organisms Among Healthy Adults in the Community Setting: Prevalence, Risk Factors, and Composition of Gut Microbiome.

  • Yu-Shan Huang
  • Liang-Chuan Lai
  • Yu-An Chen
  • Kuan-Yin Lin
  • Yi-Hsuan Chou
  • Hsiu-Chi Chen
  • Shu-Sheng Wang
  • Jann-Tay Wang
  • Shan-Chwen Chang
PMID: 32670243 PMCID: PMC7328365. DOI: 10.3389/fmicb.2020.01402.

抄録

背景:

健康成人における多剤耐性菌(MDRO)のコロニー化率はほとんど知られていない。本研究では、台湾における多剤耐性菌、メチシリン耐性菌(MRSA)、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)のコロニー化率を調査し、MDRO保有者と非保有者の腸内細菌叢を比較した。

Background: The prevalence of colonization with multidrug-resistant organisms (MDROs) among healthy adults in the community is largely unknown. This study investigated the colonization rate of multidrug-resistant , methicillin-resistant (MRSA), and vancomycin-resistant enterococci (VRE) in the community in Taiwan, and compared the gut microbiota between MDRO carriers and non-carriers.

方法:

このプロスペクティブコホート研究は、2017年3月から2018年2月まで、国立台湾大学病院の新竹分院と金山分院で実施した。MDROsのスクリーニングのため、健康診断に出席した健康な成人から鼻腔スワブと便サンプルを採取した。MDROsの分離細菌を抗生物質感受性と耐性遺伝子について検査した。MDROs保有の危険因子を評価するために標準化された質問票を用いて関連データを収集し、16S rRNAメタゲノミクスシーケンスを実施して腸内細菌叢を解析した。

Methods: This prospective cohort study was conducted from March 2017 to February 2018 at the Hsin-Chu and Jin-Shan branches of National Taiwan University Hospital. Nasal swabs and stool samples were obtained from healthy adults attending a health examination to screen for MDROs. Bacteria isolates of MDROs were tested for antibiotic susceptibility and resistant genes. Relevant data were collected using a standardized questionnaire to evaluate the risk factors for MDROs carriage, and 16S rRNA metagenomics sequencing was performed to analyze gut microbiota.

結果:

187名中,4.6%(8/174名)がMRSAを,41.4%(77/186名)が第三世代セファロスポリン耐性(3GC-R)または第三世代セファロスポリン産生株を担持していた. また,AmpCβ-ラクタマーゼの担持率は16.1%,ESBL産生株の担持率は27.4%であった.カルバペネム耐性(CRE)やVREは検出されなかった。分離株の耐性遺伝子はCTX-M型が73%,AmpCβ-ラクタマーゼが80%であった。多変量解析では、3GC-Rを保有しているか、または3GC-Rを保有する有意なリスク因子は、技術系企業A社の従業員であること[調整オッズ比(aOR)4.127;95%信頼区間(CI)1.824~9.336;=0.001]、および過去1年間に東南アジアに旅行したこと(aOR 6.545;95%CI 1.071~40.001;=0.042)であった。腸内細菌叢解析の結果、3GC-Rおよび保菌者では、本属と本属が有意に多く存在することが示された。

Results: Among 187 participants, 4.6% (8/174) carried MRSA and 41.4% (77/186) carried third-generation cephalosporin-resistant (3GC-R) or . The carriage rate of AmpC beta-lactamases and ESBL-producing strains were 16.1 and 27.4%, respectively. No carbapenem-resistant (CRE) or VRE were detected. The dominant resistant gene of isolates was CTX-M-type (73%), while that of was AmpC beta-lactamases (80%). In the multivariate analysis, the significant risk factors for carrying 3GC-R or were being an employee of technology company A [adjusted odds ratio (aOR) 4.127; 95% confidence interval (CI) 1.824-9.336; = 0.001], and traveling to Southeast Asia in the past year (aOR 6.545; 95% CI 1.071-40.001; = 0.042). The gut microbiota analysis showed that the phylum and the family were significantly more abundant in 3GC-R and carriers.

結論:

台湾人成人の3GC-R保有率は高いが、CREやVREは認められなかった。また、3GC-R保有者では非保有者と比較して腸内細菌叢の拡大が認められた。

Conclusion: A high rate of Taiwanese adults in the community carried 3GC-R , while no CRE or VRE colonization was noted. Compared with non-carriers, an expansion of in gut microbiota was found among 3GC-R carriers.

Copyright © 2020 Huang, Lai, Chen, Lin, Chou, Chen, Wang, Wang and Chang.