国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

野生生物保護における人間の感情の重要性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Front Psychol.2020;11:1277. doi: 10.3389/fpsyg.2020.01277.Epub 2020-06-24.

野生生物保護における人間の感情の重要性

The Importance of Human Emotions for Wildlife Conservation.

  • Nathalia M Castillo-Huitrón
  • Eduardo J Naranjo
  • Dídac Santos-Fita
  • Erin Estrada-Lugo
PMID: 32670150 PMCID: PMC7326805. DOI: 10.3389/fpsyg.2020.01277.

抄録

動物は、その生態学的、文化的、経済的機能のために、人間の生活にとって常に重要な存在でした。そのため、人間社会ではさまざまな感情を促進するような関係を築くことができた。本レビューの目的は、人間が野生生物種に対して示す主な感情と、そのような感情が動物の個体数管理に与える影響を明らかにすることであった。また、このテーマに関する世界的な先行研究を確認するために、学術データベースをレビューした。本研究では、野生生物に対する感情とその原因となる要因の分析を行った。その結果、これらの感情に関する論争があることが明らかになった。オオカミ、コヨーテ、クマ、大型フェリード、ヘビやヤモリなどの爬虫類などの大型肉食動物は、主に怒り、恐怖、嫌悪感を促進する。これは、社会が歴史的に彼らの周りに築いてきた認識、信念、経験に起因していると思われます。しかし、一部の社会集団では、これらの動物は人間に対する価値観から、幸福などの感情を促進してきました。また、悲しみは、動物が現在直面している危機的な状況に対する感情です。さらに、本研究で確認された野生生物種の保全状況と人間の感情を関連付けて、新たな保全戦略との関連性を議論し、特に、異なる社会集団の中で曖昧な感情を促進している絶滅危惧種に焦点を当てました。

Animals have always been important for human life due to the ecological, cultural, and economic functions that they represent. This has allowed building several kinds of relationships that have promoted different emotions in human societies. The objective of this review was to identify the main emotions that humans show toward wildlife species and the impact of such emotions on animal population management. We reviewed academic databases to identify previous studies on this topic worldwide. An analysis of the emotions on wildlife and factors causing them is described in this study. We identified a controversy about these emotions. Large predators such as wolves, coyotes, bears, big felids, and reptiles, such as snakes and geckos, promote mainly anger, fear, and disgust. This is likely due to the perceptions, beliefs, and experiences that societies have historically built around them. However, in some social groups these animals have promoted emotions such as happiness due to their values for people. Likewise, sadness is an emotion expressed for the threatening situations that animals are currently facing. Furthermore, we associated the conservation status of wildlife species identified in the study with human emotions to discuss their relevance for emerging conservation strategies, particularly focused on endangered species promoting ambiguous emotions in different social groups.

Copyright © 2020 Castillo-Huitrón, Naranjo, Santos-Fita and Estrada-Lugo.