会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

組織における早期の心的外傷後の介入。スコーピングレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Front Psychol.2020;11:1176. doi: 10.3389/fpsyg.2020.01176.Epub 2020-06-25.

組織における早期の心的外傷後の介入。スコーピングレビュー

Early Post-trauma Interventions in Organizations: A Scoping Review.

  • Matt T Richins
  • Louis Gauntlett
  • Noreen Tehrani
  • Ian Hesketh
  • Dale Weston
  • Holly Carter
  • Richard Amlôt
PMID: 32670143 PMCID: PMC7330139. DOI: 10.3389/fpsyg.2020.01176.

抄録

背景:

一部の組織では、外傷性イベントの直接または間接的な暴露は日常的な経験である。プライマリーケアおよびセカンダリーケアにおける心的外傷後ストレス障害の管理に関するNational Institute for Health and Care Excellenceのレビュー(2005年;2018年)では、緊急対応組織内での外傷に対する早期介入は取り上げられていなかった。

Background: In some organizations, traumatic events direct or indirect exposure are routine experiences. The National Institute for Health and Care Excellence reviews (2005; 2018) of post-traumatic stress disorder management in primary and secondary care did not address early interventions for trauma within emergency response organizations.

目的:

このスコープ・レビューは、一次的または二次的な外傷にさらされた後の緊急時およびその他の高リスク組織における早期介入の使用を評価する研究を特定し、一般的に使用されている早期介入モデルの有効性を報告することを目的としたものである。

Aims: This scoping review was designed to identify research which evaluates the use of early interventions in emergency and other high-risk organizations following exposure to primary or secondary trauma and to report on the effectiveness of the early intervention models in common use.

方法:

スコーピングレビューを実施し、緊急対応、軍事、人道支援を含む、外傷にさらされた労働者に対する早期介入を検討した。対象研究から関連データを抽出し、メタエスノグラフィーを用いてアウトカムを評価した。

Methods: A scoping review was conducted to examine early interventions for workers exposed to trauma, including emergency response, military, and humanitarian aid. Relevant data were extracted from the included studies and the outcomes were assessed using meta-ethnography.

結果:

質の異なる 50 件の研究が本レビューの対象基準を満たしていた。研究の成果を総合した結果、早期の介入は、(a)異なる組織文化を尊重し、(b)組織と上級管理職の支援を受け、(c)チーム内の既存の社会的結束力とピア・サポート・システムを活用する方法で実施された場合に、緊急対応者が事故後のトラウマを管理するのに役立つことがわかった。

Results: Fifty studies of mixed quality met the inclusion criteria for this review. A synthesis of study outcomes found that early interventions help emergency responders to manage post-incident trauma when they are delivered in a manner that (a) respects distinct organizational culture, (b) is supported by organizations and senior management, and (c) harnesses existing social cohesion and peer support systems within teams.

結論:

このレビューは、早期介入が集団のニーズに合わせて調整され、ホスト組織によって支援され、チームまたはユニット内の既存の社会的結束とピア・サポート・プロセスを活用した場合に、トラウマにさらされた後の緊急対応者を支援することを示している。緊急対応組織における心理的外傷に対する早期介入の実施と評価について、多くの提言がなされた。

Conclusion: This review demonstrates that early interventions support emergency responders following exposure to trauma when these are tailored to the needs of the population, are supported by the host organization, and harness existing social cohesion and peer support processes within a team or unit. A number of recommendations for the delivery and evaluation of early interventions for psychological trauma in emergency response organizations were made.

Copyright © 2020 Richins, Gauntlett, Tehrani, Hesketh, Weston, Carter and Amlôt.