国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

カナダ全土の肛門扁平上皮がん患者の疫学的傾向と地理的分布を調査している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Oncol.2020 Jun;27(3):e294-e306. conc-27-e294. doi: 10.3747/co.27.6061.Epub 2020-06-01.

カナダ全土の肛門扁平上皮がん患者の疫学的傾向と地理的分布を調査している

Investigating epidemiologic trends and the geographic distribution of patients with anal squamous cell carcinoma throughout Canada.

  • L Cattelan
  • F M Ghazawi
  • M Le
  • E Savin
  • A Zubarev
  • F Lagacé
  • D Sasseville
  • K Waschke
  • I V Litvinov
PMID: 32669936 PMCID: PMC7339845. DOI: 10.3747/co.27.6061.

抄録

背景:

肛門がんは稀な疾患であり、米国では新規がん症例の0.5%を占めています。最も一般的なサブタイプは扁平上皮癌(scc)である。肛門癌の発生率がここ数十年で増加していることがいくつかの先進国の研究で報告されており、ヒトパピローマウイルスの感染、タバコの使用、免疫抑制など、本疾患の発症に関連する様々な危険因子が同定されている。しかし、カナダにおける肛門癌の疫学と分布については、まだ十分に理解されていない。

Background: Anal cancer is a rare disease, constituting 0.5% of new cancer cases in the United States. The most common subtype is squamous cell carcinoma (scc). Studies in several developed nations have reported on an increasing incidence of anal cancer in recent decades, and various risk factors pertaining to the pathogenesis of the disease have been identified, including infection with the human papillomavirus, tobacco use, and immunosuppression. The epidemiology and distribution of anal scc throughout Canada remain poorly understood, however.

方法:

3つの人口ベースのがん登録を用いて、1992年から2010年までのカナダ全土の人口統計データをレトロスペクティブに分析した。肛門部SCCの発生率と死亡率を、州、都市、郵便番号の前方ソートエリア(FSA)成分(最初の3文字)のレベルで調査した。

Methods: Using 3 population-based cancer registries, a retrospective analysis of demographic data across Canada for 1992-2010 was performed. The incidence and mortality for anal scc was examined at the levels of provinces, cities, and the forward sortation area (FSA) component (first 3 characters) of postal codes.

結果:

1992年から2010年の間に、カナダでは3720人が肛門炎と診断され、その64%が女性でした。カナダ全体の発生率は人口100万人当たり年間6.3例で、診断時の平均年齢は60.4歳でした。発生率は時間の経過とともに増加し、ブリティッシュ・コロンビア州とノバスコシア州の発生率が著しく高くなっています(人口100万人あたり9.3人)。さらに詳しく調べると、トロント、モントリオール、バンクーバーのさまざまな都市部や自称LGBTQコミュニティに症例が集中していることが明らかになった。

Results: During 1992-2010, 3720 individuals were diagnosed with anal scc in Canada; 64% were women. The overall national incidence rate was 6.3 cases per million population per year, with an average age at diagnosis of 60.4 years. The incidence increased over time, with significantly higher incidence rates documented in British Columbia and Nova Scotia (9.3 cases per million population each). Closer examination revealed clustering of cases in various urban centres and self-identified lgbtq communities in Toronto, Montreal, and Vancouver.

考察:

本研究では、カナダにおける肛門がんの発生率を初めて包括的に分析し、影響を受けやすい集団を特定し、カナダ全土における肛門がんの発生率を低下させるための新たな研究の道筋を明らかにした。

Discussion: This study provides, for the first time, a comprehensive analysis of the burden of anal scc in Canada, identifying susceptible populations and shedding light onto novel avenues of research to lower the incidence of anal cancer throughout the country.

2020 Multimed Inc.