会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

根治手術後の胃切株癌患者の予後と臨床病理学的特徴 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Oncol.2020 Jun;27(3):e259-e264. conc-27-e259. doi: 10.3747/co.27.6017.Epub 2020-06-01.

根治手術後の胃切株癌患者の予後と臨床病理学的特徴

Prognosis and clinicopathologic features in patients with gastric stump cancer after curative surgery.

  • C Y Kung
  • W L Fang
  • R F Wang
  • C A Liu
  • A F Y Li
  • C W Wu
  • Y M Shyr
  • S C Chou
  • K H Huang
PMID: 32669931 PMCID: PMC7339843. DOI: 10.3747/co.27.6017.

抄録

背景:

胃切株(「残余」)がんは、以前の胃手術に関連した悪性腫瘍の発生である。原発性胃癌と比較して、胃切株癌の予後については、まだ議論の余地がある。

Background: Gastric stump ("remnant") cancer is the development of a malignancy related to previous gastric surgery. Prognosis in gastric stump cancer, compared with that in primary gastric cancer, is still controversial.

方法:

1988年1月から2012年12月までの間に、台湾の単一の医療センターにおいて、消化性潰瘍疾患の既往85例と胃癌の既往20例を含む105例の胃切株癌患者を対象に、臨床病理学的特徴と全生存期間(os)を解析した。

Methods: From January 1988 to December 2012 at a single medical centre in Taiwan, 105 patients with gastric stump cancer, including 85 with previous peptic ulcer disease and 20 with previous gastric cancer, were analyzed for clinicopathologic characteristics and overall survival (os).

結果:

胃切株癌と原発性胃癌の5年生存率はそれぞれ51.2%と54.5%であった(=0.035)。臨床病理学的特徴を解析したところ、原発性胃癌患者と比較して、胃切株癌患者ではリンパ節転移が多く(<0.001)、より進行した病期で診断された(=0.047)ことが示された。osをエンドポイントとした多変量解析では、年齢[=0.015;ハザード比(hr):2.300;95%信頼区間(ci):1.173~4.509]、腫瘍サイズ(=0.037;hr:1.700;95%ci:1.031~2.801)、間質反応(=0.037;hr:1.700;95%ci:1.031~2.801)、胃切株がんと診断された人は、リンパ節転移が多かった(&lt:0.001)。801)、間質反応(=0.021;hr:1.802;95% ci:1.094~2.969)、および病理学的N分類(=0.001;hr:1.449;95% ci:1.161~1.807)は、胃切株癌における独立した予測因子であった。胃癌または消化性潰瘍疾患の既往のある胃切株癌患者のOS率はそれぞれ72.9%および50.0%であった(=0.019)。胃がん既往歴のある胃切株がん患者は、消化性潰瘍疾患既往歴のある患者に比べて、Borrmann分類では表在性(=0.005)、リンパ節転移が少なく(=0.004)、病期分類では進行性(=0.025)であった。

Results: The 5-year os rates for patients with gastric stump cancer and with primary gastric cancer were 51.2% and 54.5% respectively ( = 0.035). Analysis of clinicopathologic characteristics indicated that, compared with patients having primary gastric cancer, those with gastric stump cancer had more lymph node metastasis ( < 0.001) and had been diagnosed at a more advanced stage ( = 0.047). Multivariate analysis with os as an endpoint showed that age [ = 0.015; hazard ratio (hr): 2.300; 95% confidence interval (ci): 1.173 to 4.509], tumour size ( = 0.037; hr: 1.700; 95% ci: 1.031 to 2.801), stromal reaction ( = 0.021; hr: 1.802; 95% ci: 1.094 to 2.969), and pathologic N category ( = 0.001; hr: 1.449; 95% ci: 1.161 to 1.807) were independent predictors in gastric stump cancer. The os rates for patients with gastric stump cancer who previously had gastric cancer or peptic ulcer disease were 72.9% and 50.0% respectively ( = 0.019). The Borrmann classification was more superficial ( = 0.005), lymph node metastases were fewer ( = 0.004), and staging was less advanced ( = 0.025) in patients with gastric stump cancer who previously had gastric cancer than in their counterparts who previously had peptic ulcer disease.

結論:

以前に消化性潰瘍疾患を有していた胃切株がん患者の生存率は、以前に原発性胃がんを有していた患者よりも低い。以前に胃がんを発症したことがあり、根治的な胃切除術を受けることができた胃切株がん患者は、Borrmann分類がより表面的であるため、予後が良好な傾向にあった。胃切株癌の早期発見のためには、胃手術を受けた患者の定期的な経過観察が推奨される。

Conclusions: Survival is poorer in patients with gastric stump cancer who previously had peptic ulcer disease than in those who previously had primary gastric cancer. Patients with gastric stump cancer who previously had gastric cancer and could receive curative gastrectomy tended to have a better prognosis because of a more superficial Borrmann classification. Regular follow-up in patients who have undergone gastric surgery is recommended for the early detection of gastric stump cancer.

2020 Multimed Inc.